出島テクニカルワールド(3月8日推奨銘柄 )

0308s

↑(週足)

 

0308h

↑(日足)

 

 

【全体相場解説と投資判断】
3/8(水)日経平均株価は▼90円の19254円で終了。昨夜の米国株が下落し、円相場も小幅円高が進行、今週末の米2月雇用統計の発表やメジャーSQも有り、北朝鮮を巡る地政学的リスクも意識され、日経平均は今日も軟調な展開で下落し4日続落。しかし引き続き新興市場銘柄や2部銘柄は総じて堅調、引き続き銘柄重視でテーマ株や小型材料株中心に買いを考えるなら日経平均の軟調な展開もさほど気にする必要は無いと思います。当面は個別物色中心の展開が続くと思います。

 

【銘柄情報】【本日終値291円】

(JQ)シライ電子工業(6658)  電気機器  100株
同社はプリント配線板専業の中堅メーカーですが、任天堂が同社の株主で、製品も供給している事から、「ポケモンGO」の大ヒットを受けて昨年夏には同社株も急騰。しかしその後は急騰に対する調整も進み既に過熱感は払拭、自動車の電装化が進み、車載向け配線板などの受注も好調、工場の拡張も既に発表しています。又、任天堂の新型ゲーム機「ニンテンドースイッチ」の販売も好調との事、再度任天堂関連として物色される可能性も有ります。2/14には2017年3月期業績を下方修正しましたがそれでも1株利益は21円、来期は増益が見込まれ、テクニカル的にも280円前後での値固めを昨年10月以降続けており、ジャスダック銘柄の出遅れ株として買われる可能性が高いと思います。テクニカル的には280円台が下値支持帯になりますが290円前後で買いを実行したいと思います、当面は320円付近が上値目処になりますので利食い目処は320円接近時、但し260円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。利上げが想定される来週の米FOMC、15日はオランダの総選挙も有ります、北朝鮮を巡る地政学的リスクの高まりも有り、日経平均は軟調な展開が続いていますが、一方では新興市場銘柄や2部銘柄、材料株を物色する動きは旺盛な日本市場、ジャスダック市場の出遅れ銘柄として同社株の買いを実行したいと思います。

【リスクは覚悟でリターンを追及したい方】・本文参照

【リスクの少ない慎重な投資スタンスを望む方】・本文参照

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】出遅れ銘柄
【ポイント】 任天堂関連
【第1買いポイント】  290円前後
【第2買いポイント】  なし
【売り値目標】  320円接近
【損切り設定】 260円を切れば損切り

 

プリント配線板専業の中堅メーカー。リジッド配線板の両面、低多層プリント配線板が主体。日中の車載向け配線板など受注好調だが、円高に伴い中国の売上目減り。アミューズ関連の出遅れ響き、検査機販売伸び悩む。18年3月期は日中とも車載向けが牽引。

 

推奨日
市場
コード
銘柄
コメント
02/17
1部
4321
ケネディクス
3/8終値454円、本日高値462円、推奨時利食い目処とした460円に到達し利食い完了
02/08
2部
6356
日本ギア工業
3/8終値387円、推奨から1ヶ月が経過しましたが引き続き保有継続で400円付近での利食い狙い継続。

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
ページ上部へ戻る