リアルタイムサービス(3月6日後場情報)

RTの出島イラスト

日経平均株価は90円安の19379円で終了。後場も方向感の出ない展開で、日経平均はほぼ横ばい。
手掛かり材料不足と言う感じで、小型株やテーマ株、材料株などを個別に物色する展開になりました。
北朝鮮によるミサイル発射の報道もやや様子見ムードにつながったと言う感じですが、イエレン発言を受けて円安が進まなかった事が今日の下げの一番の要因です。
3月の利上げを明言したイエレンFRB議長ですが、1回の利上げは既に織り込み済みと言うのが為替市場や株式市場の反応。
利上げをすれば本来であれば米長期金利が上昇して、日米金利差の拡大を受けて円安が進む訳ですが、トランプ政権の誕生を受けて既に米長期金利は大きく上昇しており、イエレン発言も材料出尽くしと言う感じになりました。
短期的な市場の反応は別として、そもそも米国が利上げをしても、それは米経済が好調で有ると言う事の裏返しですので、株式市場にはさほど悪影響は有りません。
この先連続して数回の利上げが続くようであれば悪影響も出て来ますが、現状ではその様な可能性はほぼなく、仮に1回の利上げを実施しても次の利上げまでには数ヶ月は要すると思います。
大局的に見れば米国は利上げ方向の金融政策であり、日本は逆に現状のマイナス金利政策が長期化すると言う状況ですので、遅かれ早かれいずれは円安が進行して行きます。
3月FOMCで、米利上げは濃厚と言う状況で円安が進まなくとも円高に振れる訳では有りません、円相場が現水準で安定すればそれはそれで日本経済にとっては悪い事ではないと思います。
日本市場の現状としては、3/2に19668円まで上昇して昨年来高値を更新した後の調整安局面と言う状況です。
円安が進まなければ日経平均の上値は当然重くなりますが、下値は底堅く、個別物色の動きも旺盛。
今週末の10日はメジャーSQですので、日経平均や主力銘柄に関しては多少不安定な値動きをするかもしれませんが、テーマ株や材料株に関してはさほど影響も有りません。
現在保有している銘柄に関しては今週末のメジャーSQも余り気にする必要は無いと思います。
週末のメジャーSQに向けて、多少の乱高下が有るか?又は値動きが止まり膠着した展開になるか?
どちらの可能性も有りますが、週末のメジャーSQを通過した後は多くの機関投資家もポジションが身軽になり日経平均も上昇し易くなると思います。
本日買い推奨のFDKは後場に約定完了、仮にこの先安値が有れば130円前後で買い増し実行、安値なく上昇すれば利食いを目指す、その様な対応で良いと思います。
明日以降もチャンスが有れば銘柄重視の判断で順次買い出動を考えて行きたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る