出島テクニカルワールド(2月3日推奨銘柄 )

0203s

↑(週足)

 

0203h

↑(日足)

 

【全体相場解説と投資判断】
2/3(金)日経平均株価は△3円の18918円で終了。寄り付き直後に19061円まで上昇した日経平均でしたが、その後円高進行を受けて18830円まで下落、しかし日銀が指し値オペを実施すると長期金利が低下して円安が進み日経平均も急反発でプラス圏に浮上。金利と円相場睨みで日経平均も乱高下、2/10に日米首脳会談を控えてやや神経質な展開、このような局面では好決算発表済みの銘柄の押し目買い狙いが安全、日米首脳会談を通過するまでは我慢の局面になるかもしれませんが、銘柄重視で安値買い狙いならさほど警戒する必要も無いと思います。

【銘柄情報】【本日終値414円】

(東1)イソライト工業(5358)  ガラス土石  100株
同社はセラミックファイバー大手で、工業炉向け消耗材や半導体製造装置・大型電池向け断熱材、高機能セラミックスや建築用不燃材料などを手掛けています。高付加価値製品の拡販、製造コストの削減、ASEANでの断熱材のシェア拡大などから足元業績は好調に推移、昨日引け後に発表された四半期決算では大幅増益で着地、17年3月期見通しも大幅増益見通しで過去最高益を更新する予想。1株利益見通しは55円、好業績を好感する買いで同社株も今日は一段高の展開、来週以降適度な調整安が有れば押し目買いを狙いたい銘柄となります。テクニカル的には390円~370円付近が下値支持帯になりますので、来週以降390円台と370円台の2回に分けて押し目買いを狙うと言う対応で臨みたいと思います。当面は450円付近が上値目処になりますので利食い目処は450円接近時、但し340円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。半導体製造装置・大型電池向け断熱材は今後市場拡大が期待出来、ASEAN市場も持続的な成長が期待出来ます。好決算を既に発表済みと言う事も買い安心感が有り、適度な調整安場面が有れば押し目買い有利となります。今日は株価も上に飛んでいますので、高値は追わず、適度な調整安が有れば買うと言うスタンスが最善、安値無く買えなければ又次の機会を待てば良い事です。

【リスクは覚悟でリターンを追及したい方】・本文参照

【リスクの少ない慎重な投資スタンスを望む方】・本文参照

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】押し目買い狙い
【ポイント】 好決算発表
【第1買いポイント】  390円台
【第2買いポイント】  370円台
【売り値目標】  450円接近
【損切り設定】 340円を切れば損切り

 

セラミックファイバー大手。アジアで生産拡大。建材を育成。品川リフラクトリーズと連携強化。工業炉向け消耗材や半導体製造装置・大型電池向け断熱材伸長。鉄鋼向け足踏みでも高操業。好採算品増やコスト減効き営業減益予想から一転増益。18年3月期は消耗材安定。好採算断熱材拡大。ASEANでの断熱材シェア拡大が成長源。海外売上比率を2年後40%超に引き上げ企図。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る