日経225先物プロライブ(5月25日引け号)

5月25日 日経225先物3分足チャート

今日の相場を、一言で表すと・・・
※ 売り手がいない
・・・買い手のパワーが強いわけではない。

ただ、『売りがないから、スルスル上がる』。
そして、《売りが出てきたところ》で止まる。

しかし、『下値を叩くわけではない』ので《下がらない》。
※ 押し目待ちに押し目なし
大抵は、ここ最近のような《薄商いの中での上昇トレンド》で良く起こる動きです。

このような時は、ロングでもショートでも、投機家が入りづらいので・・・
※ 下げない & 買戻しが入らないので、爆発的な上昇もない
《投資家》にとっては、乱高下が少ない『最も安心感がある』環境と言えます。

ただ、買いの力を感じるわけでもないのにスルスルと上げてしまうので、
『恐怖感』を感じるかもしれません。

確かに、相場の参加者が《無警戒》の状態と言えますので、
何かが起こって《まとまった売り》が出てきたら、急落は避けられません。

ただ、買わなければ、取り残されたまま上がってしまう。

今のような、最高値水準でこのような相場になると、
ある意味での《覚悟》が求められるかもしれません。

とりあえず、どこの市場にも《売りが出てこない》以上、下げる可能性は低いです。
ただ、『あまりに売りが出てこなさすぎる』ことに、違和感を覚えることも事実。

そのようなわけで、《ショートでの勝負》はまだしませんが、
いつでも《ドテン売り》する準備だけはすることとします。

昨日のナイトセッションの続きで、今日の日中の値動きは・・・
※ 最も《売り手が少ない》パターン・・・となりました。

今日の下の節目は・・・※ 20300円20330円

《抜けるのに時間を要した》と同時に
《心理的な節目水準》である20300円
    と
 《先週の高値》である20330円

多少なりとも、利食い売りを出す投資家がいれば20300円
を付ける可能性があったのですが、蓋を開けてみれば《売り手》は『ほぼ皆無』。

より強い(というより、より売り手がいない)シナリオの20300円
下値となりました。

本当に《売りが閑散》としています。

先週金曜日のナイトセッションでもそうでしたが・・・
※ 下値を売り叩く投資家が存在しません
上がったところで売りは出しますが、あくまで《その水準で》売りを出すだけです。
上値の重い値動きにはなりますが、そこから下がる気配が全くありません。

※ ギリシャ問題
※ アメリカの利上げに絡む動き
・・・急落に繋がる可能性がある材料は存在するのですが、
全てを無視するような動きになっています。

一応、まとまった売りが出てこない限り《どこで買うか》という戦略で行きますが、《無警戒》というリスクを意識しながら勝負していきたいところです。

上昇トレンドと言っても《爆発的な上昇》が起こるパターンではないので、
徒労に終わるかもしれませんが、
こまめに利食いを入れながら買っていくのがベストと考えます。

まずはいったん、20500円での売り買いの攻防を確認。
そこで売りが出てきて、上昇一服となるというシナリオを描いています。

調整の値幅としては、100円~150円
まとまった売りが出てこない限りは、
小休止を挟んで20833円へと向かう展開を想定しています。

現状ポジションがある方は、いったん20500円近辺で利食い。
ない方は、『様子見』もしくは短期100円幅勝負の20490円~20500円
ショートが狙い目です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る