出島先物ワールド(5月25日推奨)

日経先物150525

寄り前情報
先週末の米国市場は反落しました。先週末発表された経済指標は市場予想を上回る強いものでしたが、FRB議長の利上げ発言の方に反応したようです。先週末の日本市場は高値、安値共に切り下げて調整方向の展開になったのですが、恣意的な買い等もあり陽線を立てました。先週末から次の変化日、更にその次の変化日程度まで調整を入れて切り返せば現状のマーケットの過熱状態も冷え上値が軽くなったと思いますが、CMEの引け値に鞘寄せして始まるとすればそうはなりそうもありません。本日はギャップアップして寄り付く事が想定されますが、本日も変化日ですので変則的な戻り高値になる可能性があります。従って本日は戻り高値になって次の変化日まで調整に入るのか、それとも更に次の変化日まで上昇し過熱したままエクステンションとなるのかを見極めます。
そのような前提で本日は、まずギャップアップしてくる事が想定されますが買いは慎重にトレードした方が良いでしょう。特に寄り付きのギャップアップに飛び乗る事は控え、寄り付き後先に下値を試して直近のサポート等で下げ止まって切り返せば買うという程度に買いは考え、仮に買った場合は利食い優先としロスカットの設定は必須です。
売りは20290円(22日高値)を越えれば原則出来ませんが、本日は変化日ですので寄り付き後先に上値を試して直近のレジスタンス等で抑えられて下に方向性を出せば売っても良いと思います。但し、こちらもロスカットの設定は必須です。特に20390円(先週末夜間取引の高値)を抜いてくるようであれば売りは待った方が良いでしょう。このレベルから上は現状の日本市場のエネルギーでは相当に無理があります。しかし恣意的な買い等を入れる一部のプレイヤーは無理を承知で買ってくる場合があります。マーケットメカニズムを無視した無理な買いでは上がれないと思いますし、何れマーケットのエネルギーの流れに収斂される可能性が高いと思いますが目先だけであれば分かりませんので売り上がってまで付き合う必要もないでしょう。大局的には押し目買い局面ですので、調整局面であれば売りを考えても良いですが、基本的には買いポイントを待って買うというのが今のスタンスです。エクステンションの場合買いも難しいので焦りも出てくるかもしれませんが、来週になればロールオーバーの動きも出てきます。難しい局面で無理にトレードする事もないと思いますので、分かり易い時にだけ参戦するというスタンスで良いと思います。

基本トレード  リスクトレード 
価格帯 本日の中心レンジ 19940~20390
売買ポイント 売ポイント 20340~20390  ロスカット 20420
買ポイント なし

大引け情報
本日は20340円とギャップアップして寄り付き、20320円ワンタッチで切り返し20390円まで上値を伸ばして一旦抑えられました。暫く横ばいとなっていましたが、10時10分過ぎに20390円を抜きました。しかし上昇が加速する訳でもなく上値の重い展開で、10円ずつ上値を伸ばし20430円まで上昇しましたがそこまででした。2時28分頃関東地方で強い地震があり今日の安値近辺まで上げ幅を縮小しましたが、恣意的な買い等が入り値を戻し20430円の高値で引けました。
メディア等では、円安が進んだ事で買われたという解説が為されていました。また、日経平均は7連騰となり、15年ぶりの高値を更新した事で日本市場は強いという評価をしていました。今日の展開が強いかどうかはさておき、売り方不在の日本市場にあって一旦は20390円ワンタッチで抑えられました。相場に「たら・れば」はありませんが、その後の展開で寄り付きのギャップを埋めに行っていれば本日が戻り高値になって調整に入った可能性が高かったと思います。そしてその方が今後の日本市場の上昇にとっては良かったと思いますが、一部の恣意的な買い等を入れるプレイヤーにとってはそのような展開は避けたかったようです。元々売り方は不在ですので恣意的な買い等が入れば下がりませんが、恣意的な買い等だけでは上値も重く15年ぶりの高値を更新しても追随する者はなく上昇に弾みがつきません。ただ、日足は陽線になっていますので次の変化日まで上昇する可能性はあります。尤もその場合は、マーケットの過熱状態を引き摺ってエクステンションする事になりますので、上値は重く下値不安を残した上昇になりやはり買い辛い相場展開になるでしょう。エクステンション後の調整局面というのは急角度な調整になり易く、現状であれば今日の20390円以上の買いが仇となる可能性がありますので要注意です。重要なレジスタンスを抜けば一段高する可能性はありますが、常々申し上げているようにギャップアップで跨ぐのは抜いた事にはなりません。二次元的な価格推移だけを見てマーケットの本質を見誤らないためにも大局観が重要になってきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る