出世株発掘ドリーム・レポート(2016年10月25日推奨 )

%e8%88%b9%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%88


日経平均株価10/25終値17365円

%e6%97%a5%e7%b5%8c%e5%b9%b3%e5%9d%8710-25

 


【株式市場の現状分析と当面の投資スタンス】

日本時間の10/20午前中、一抹の不安が有った米大統領選挙も、3回目の公開討論会を無難に終えた事から、トランプ勝利の可能性は完全に無くなったとの見方が強まり日経平均は後場に上げ幅を広げて17000円を回復。これまで日経平均の上値の重さの主原因は米利上げと大統領選挙への警戒でした、利上げに関しては既に有る程度は折り込みが進んでいますので、米大統領選挙への警戒がなくなった事から、これまで見送られていた買いの動きが一気に噴出したと言う感じ。

日銀のETF買いとGPIFなどの年金資金の買い、さらには過去最高水準の自社株買いもあり、日本市場の需給に問題は無いとのムードが強まったタイミングで、3回目の米大統領候補の公開討論会もヒラリー優勢で、完全に波乱の目(トランプ大統領誕生)はなくなったと言う感じです。

絶対とは言い切れないものの、99%次期米大統領はヒラリーと考えて良いと思います、株式市場も10/20以降はその様な前提で動き始めた感が有ります。

米利上げに関しては、米経済が好調であれば小幅の利上げも特に株式市場への悪材料にはなりません。発表が進んでいる米主要企業の決算を見る限り、企業による差は有りますが、全体で見れば問題なしと言う感じです。今後日本でも主要企業の決算発表が本格化しますが、米大統領選挙に波乱がなければ一段の円高も有りませんので、さほど警戒する必要もなくなったと思います。日本市場の状況としては、10/20の上昇で何かが吹っ切れた(状況が変化した)と言う感じがします。

先週末の10/21は、日経平均も小幅反落で一旦調整色を見せたものの、今週は再度上昇基調を強めて日経平均も続伸、今日は、昨夜の米国株の上昇と104円台を回復した円安を好感して日経平均も上昇。13時頃には17381円まで上値を伸ばし、テクニカル的な過熱感は有るものの、買い遅れた投資家などの押し目買い意欲は強いと言う感じがします。 先週までは日経平均の17000円付近は当面の上値との見方が多かったものの、一気に17000円台を回復してその後も強含みの展開が続いている日本市場を見て、買い遅れた投資家もかなりいると思います。その様な買い遅れた投資家が、少し下がれば買いを入れて来ますのでなかなか大きくは下がり難い、需給面では今の日本市場にはその様な要因も有ります。

 

日経平均に関しては、今年の5月以降の高値を超えて来ましたので、テクニカル的に見れば多くの機関投資家なども買わざるを得ないと言う状況です。懸念材料であった米大統領選挙も、ヒラリー勝利がほぼ確実視され、米政治状況に対する警戒が無くなった事も株式市場には追い風です。

ジリジリと進む円安も大きな追い風、現在発表が本格化している国内主要企業の決算も9月中間決算は多少悪くても、この先一段と円安が進むなら悪材料出尽くしになると言う事もある意味では追い風です。原油相場も50ドル程度で安定しており、産油国からの株式換金売りが減少する事も株式市場の需給面では大きな追い風です。12月には米利上げが実行される可能性は有るものの、株式市場は米利上げもほぼ織り込んでおり、以前ほどには神経質な反応を見せません。

このように株式市場への主な追い風要因が有り、テクニカル的な過熱感は有るものの、理屈抜きの株価上昇と言う状況になっています。 テクニカル的に当面の上値を考えると、直近9月高値の17156円から9/27安値の16285円、この下げ幅が871円です、この先下げ幅の倍返しが当面の上値目処になって来ますので、17156円に871円を足せば18027円。当面は日々の上げ下げは有れども18000円付近を目指す展開が視野に入って来ると思います。

 

本日の買い推奨銘柄

マザーズ 機械 6255 エヌ・ピー・シー 10/25 終値185

 

買いゾーン①時価 ②170円台 利食い目処300円前後 損切り150円割れ

 

同社は太陽電池の後工程向け装置の大手で、太陽電池モジュールの受託加工も手掛けています。10/11に2016年8月期決算を発表しましたが、結果は大幅減収減益となったものの、2017年8月期見通しは大幅増収増益に転じる見通しが発表され株式市場も好感。装置関連事業で太陽電池製造装置の受注拡大が見込まれ、太陽光パネル検査サービスの需要拡大、大規模太陽光発電所の竣工時検査などの増加も見込まれるとしています。業績の急回復見通しが好感されて同社株も急伸、10/12にはストップ高で214円まで上昇、その後一旦調整局面を迎えていますが、調整が完了すれば再上昇が期待出来ますので押し目買い狙いで臨みたいと思います。テクニカル的には2014年に467円まで上昇した後は下降トレンドが続き、大局的には底値圏に有った同社株ですので、急伸した現在の株価水準でもさほど割高感は有りません。米大統領選挙を有利に戦っているヒラリークリントンは、地球温暖化対策の一環として、太陽光発電への大規模投資も打ち出しています、ヒラリークリントン大統領誕生となった場合には、米政策関連として物色人気が高まると思います。

6255 NPC 月足チャート
6255

 

【現在保有中の銘柄に関するアフターフォロー・コメント】

7725インターアクション本日終値568円、買値は300円台ですので時価近辺は利食い実行で利益を確定したいと思います。

5612日本鋳鉄管本日終値220円、買値は150円付近ですので時価近辺は利食い実行で利益を確定したいと思います。

 

 

※次回の提供日は11/4(金)です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

過去レポート

カレンダー

2021年5月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る