日経225先物プロライブ(5月21日引け号)

5月21日 日経225先物3分足チャート

今日は、何とも歪な相場でした。

一言で言えば・・・
※ 強い動きを見せているが、買われている銘柄が余りに《局地的すぎる》

『銘柄や業種を絞りに絞って、買っている』・・・少数精鋭
今日の特徴の一つでもありますが、
前場から《値下がり銘柄の多さ》が目立っていました。

少数精鋭と聞くと聞こえは良いですが、
言い換えますと・・・

※ 柱自体は頑丈でも、細すぎて不安定
※ その数少ない柱が崩れると、もう支える力がない

極端な例を挙げると・・・
『9983 ファストリの上昇だけで日経225が上げている』ような相場ですが、
今日の途中からはある《業種》だけで相場を支えているのが鮮明に。

そして、その業種が売りに押され始めて暫くして、
実際、相場が崩れたのが今日の後場でした。

前場は、《業種》と言うより、
個別で主力どころに買いが入り、強い動きを見せていました。

銘柄は、このあたりです。

こうして、主力どころの銘柄に100円~200円幅上昇している銘柄が目立ち、
地味ながら《ジワリジワリと上昇圧力がかかっている》ような相場展開でした。

しかし、日経225へのインパクトがそれほど高くないため、
日経225より《TOPIX》の方が強い環境が継続。

とても《重厚な》値動きが続きました。

実はこの間、朝方は安く始まっていたある業種群が、
ジワリジワリと上昇し続け、
結局は・・・

※ この銘柄群が《高値を抜く原動力》となり、
  《後場の急落のきっかけ》にもなりました。

その業種群は、
朝に『注目してほしい』と書いたこの業種・・・

※ 不動産株 ※

後場の一段高の原動力は、一時的に《銀行株》主体に入った買いですが、
前場途中から、相場の支えの主役は《不動産株》へと変わっていました。

チャートを見て、朝方高かった銘柄が頭打ちになっているのと比べると、
その上昇が際立ちます。

もちろん《金融3羽ガラス》の強さは
『マーケットの強さの象徴』とも言えるものなので、
強いには違いなかったのですが・・・

今日は、一つだけ、しかもとても危険な兆候がありました。

※ (決算発表による)保険・不動産・銀行
それ以外に、まとまった買いが入っている業種がなかった。

途中、強い動きを見せていた時も、業種別で上昇していったのは・・・
※ 上記の3業種(特に、不動産)・・・だけだったのです。

上値が重かったのもそれが理由でしょうし、
何より・・・

※ 『そのどれかが売り転換すると、もうどこにも相場を支える力はない』
  ・・・結果、日経225先物に売りが出始めたのは13:30ですが、
  既に現物株市場の方は、13:00頃から下方に力が働きはじめていたのです。

日銀前の《手じまい売り》など言われていますが、
内情は・・・

※ 今日の相場を牽引してきた《不動産株》に売りが出て下げ始めたのを見て、
  相場全体の下落の可能性を感じて売った
  ・・・そんなところだと思われます。

この動きに《小売》なども合わせて買われていれば、
《日本への期待》という意味合いで全く異なる《強い意志》が備わるのですが・・・

※ 金融株だけでは、それは単なる《追加緩和期待》《バブルへの期待》
・・・そのような非常に《投機的で危険な》色を帯びてしまいます。

1980年代ならともかく、今の日本に《バブルの象徴》のような業種群だけで、
相場を押し上げるのは無理があると思います。

そして、先物プレイヤーの存在感が薄くなっているため、
《現物株の動向》から方向性を読むしかありません。

今の相場の《牽引役》を見付けて、
その牽引役の動向を見守っていってほしいと思います。

現状、売り叩くような投資家は見当たらないのですが、
買い上がるような投資家も見当たりません。

今日の現物買いも《日銀に絡む業種群》にしか入っていないことから、
日銀政策決定会合で、
特に追加緩和を期待させるような内容・発言がなければ、
いったん買い材料がなくなるかもしれません。

完全に上値を意識させる動きになった上に、
今回に日銀には何も期待されていませんが、
万が一を考えて、ショートは控えるのが宜しいかと考えます。

※ 日銀が通過して《売りが出てくるのか否か》

《下値を叩くような売り》が出てこないことには、
上昇が止まっても《下げるわけではない》ので、
明日以降の動きを待って新たなスイング戦略を考えたいと思います。

今夜の値動きも、昨日と同様にそれほど動かないかと思われます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る