出島テクニカルワールド(5月21日推奨銘柄 )

0521週

↑(週足)

日

↑(日足)

 

【全体相場解説と投資判断】
5/21(木)日経平均株価は△6円の20202円で終了。121円台への円安進行が好感されて買い先行で始まり一時20320円まで上げ幅を拡大、しかし後場に入ると円高に振れた事から先物主導で売られ一時マイナス圏まで急反落、終値では小幅上昇となったものの高値圏で上ひげを付ける形で終わった事から一旦調整入りの兆し。連日の年初来高値更新ですが上値の重さも出ており一旦調整局面を迎えると思います、しかし割安銘柄、出遅れ銘柄物色の展開に移行すれば2万円値固めの値動きになり、強含みの展開が期待出来ます。引き続き好業績、割安感の有る銘柄を中心に買いを狙って行くと言うスタンスで良いと思います。

【銘柄情報】(東1)日本軽金属HD(5703)  非鉄金属  100株
足元業績は好調、5/15に発表した決算では、15年3月期は増収大幅増益で着地、16年3月期見通しも増収・二桁増益見通しで1株利益は24円と好内容。好業績見通し発表を好感して株価も一段高で5/19には220円まで上昇、その後一旦調整局面を迎えていますが、調整一巡後には再上昇が期待出来ますので押し目買い狙いで対応したい銘柄となります。建材や自動車向けは良好な事業環境を背景に好調、アルミ合金で最高水準の強度を持つ新素材を開発、今後工作機械や航空機部材、自動車部材への展開も期待出来る好材料。同社が関連する業種は自動車、電機電子・情報通信、環境・エネルギー、建築、鉄道など幅広く、一段の円安進行も間接的に同社業績への追い風になります。テクニカル的には上昇トレンド継続中、目先の下値支持帯は190円台になりますが、約定確率を考えれば200円前後で買いを狙うと言う対応が現実的。直近高値の220円から仮に200前後までの調整安が有るとすれば下げ幅は20円、その後上昇に転じた場合倍返しとなる240円付近が上値目処になりますので利食い目処は240円接近時、但し5/8安値183円を切った場合はリスク管理上損切りして再度安値買い直しを狙うと言う対応が良いと思います。

【リスクは覚悟でリターンを追及したい方】・本文参照

【リスクの少ない慎重な投資スタンスを望む方】・本文参照

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】押し目買い狙い
【ポイント】 好業績、低PER
【第1買いポイント】  200円前後
【第2買いポイント】  なし
【売り値目標】  240円接近
【損切り設定】 183円を切れば損切り

 

圧延、加工、化成品までのアルミ総合メーカー。アジア展開急ぐ。アルミナ、板・押出品とも数量堅調。加工賃の値上げ図る。16年3月期は地金高がトラック架装の採算圧迫。が、コンビニ向けパネルなお高水準。海外も全体的に底上げ。長春の鉄道車両、山東の自動車部品など繁忙。15年度にはタイの熱交含め海外主要拠点ほぼ黒字化へ。

 

推奨日
市場
コード
銘柄
コメント
04/21
マザーズ
9517
イーレックス
5/21終値1212円、推奨から約1ヶ月経過しましたが引き続き保有継続で対応したいと思います、推奨時利食い目処、損切り設定価格に変わりは有りません。電力自由化関連銘柄として引き続き期待したいと思います。
04/20
1部
4631
DIC
5/21終値350円、買いコスト350円台、推奨から約1ヶ月経過しましたが引き続き保有継続で対応したいと思います、5/15発表の決算も良い内容、見直し買いを期待して保有継続で良いと思います。推奨時利食い目処、損切り設定価格に変わりは有りません。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る