出島テクニカルワールド(8月18日推奨銘柄 )

0818週

↑(週足)

 

0818日

↑(日足)

 

 

【全体相場解説と投資判断】
8/18(木)日経平均株価は▼259円の16486円で終了。今日も円高が進み日経平均は売り先行の始まり、しかし売り一巡後は円相場が100円台を回復し日銀のETF買いへの期待も有り、日経平均も急速に下げ幅を縮小、後場は再度円高が進み、日銀のETF買いも観測されなかった事から失望売りで下げ幅を拡大、円相場と日銀のETF買いを巡る思惑にやや振り回されていると言う感じ。テクニカル的には今日の下げで25日移動平均線を下回り、明日の値動きが注目されます、明日25日移動平均線を回復すれば問題は有りませんが、明日も下落なら少し調整局面が長引く事になります。しかし内需系の小型材料株に関しては弱気になる必要は有りません、銘柄重視の発想で対応して行けば特に問題は無いと思います。

【銘柄情報】(MZ)クロスマーケティングG(3675)  情報通信  100株
同社はネット市場調査を核にマーケティング領域で事業を展開しています。マーケティングリサーチは順調、大手企業との直接取引きも増え採算改善、サイト運営・企画も市場は拡大基調、ニューロマーケティング(脳科学を用いた調査)のセンタン社とも業務提携、ビッグデータ解析など、新たな市場創造の可能性も持ちます。8/16に第2四半期決算が発表されましたが、増収ながらも減益となった事から株価も急落、しかし減益の理由は中期的な成長の為の人員増加に伴う人件費と採用経費の増加が主原因であり、通期見通しに変更はなし。一時的な費用増加による減益も中期的な成長への投資と言う事を考えれば目先の売りが一巡すれば株価も反発に転じる可能性が高いと思います。直近に決算への期待先行で株価も上昇していましたのでその反動安と言う一面も有ると思います。テクニカル的には6/24安値が291円ですので当面は290円台が大きな下値支持帯になります、もう一段の下落も想定しながらこの先290円台が有ればリバウンド狙いで買いを狙うと言う投資も一考だと思います。当面は360円付近が上値目処になりますので利食い目処は360円接近時、但し2月安値の275円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。安値無く買えなかった場合には又次の機会を待つと言う事で良いと思います。リバウンド狙いで突っ込み買いを狙うと言う投資になります。

【リスクは覚悟でリターンを追及したい方】・本文参照

【リスクの少ない慎重な投資スタンスを望む方】・休み

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】リバウンド狙い
【ポイント】 中期成長期待は変わらず
【第1買いポイント】  290円台
【第2買いポイント】  なし
【売り値目標】  360円接近
【損切り設定】 275円を切れば損切り

 

ネット市場調査核にマーケティング領域で事業展開。調査は2位級。中国に拠点。純粋持株会社。マーケティングリサーチは内外とも順調。国内は大手企業との直接取引増え採算も改善傾向。サイト運営、企画のITソリューションも堅調。採用や広告費のコスト増をこなし営業小幅増益。若干ながら純益最高更新。配当性向15%メドに変更。

 

推奨日
市場
コード
銘柄
コメント
08/16
2部
5753
日本伸銅
8/18終値106円、本日高値119円、推奨時利食い目処とした水準に到達し利食い完了
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

過去レポート

カレンダー

2021年7月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る