出島テクニカルワールド(7月14日推奨銘柄 )

0714週

↑(週足)

 

0714日

↑(日足)

 

 

【全体相場解説と投資判断】
7/14(木)日経平均株価は△154円の16385円で終了。昨夜の米国株は続伸で連日の年初来高値更新、円相場も105円台を回復し今日も日経平均は上昇してこれで4日続伸。任天堂株の連日の上昇も投資家心理にプラスになっています。今日は天皇陛下の生前退位報道も有り関連銘柄にも物色が広がると言う展開。前向きな循環物色の動きも広がりつつあり、日本市場の現状としては想定以上の強さと言う感じです、このまま一気に日経平均17000円回復まで上昇が続くかもしれません、買い持ち銘柄に関しては何も問題は有りませんが、カラ売りポジションに関しては一旦手仕舞いを進める方が安全。

【銘柄情報】(JQ)シライ電子工業(6658)  電気機器  100株 
同社はプリント配線版の中堅メーカーで、リジッド配線版の両面、低多層プリント配線版が主体。自動車向け、通信機器、ゲーム、家電、ソーラーシステムなど多方面で需要が有り、業績も良好。2016年3月期に限り、中国の連結会社が中国税務当局の税務調査を受け、適正な納税を行って来たとの認識は有るものの、念の為過年度分の追加納税見込み額を計上した為に減益になっています。しかし今期は増益に転じ、1株利益見通しも30円、同社1株純資産は249円有り、任天堂が同社の主要株主。現在任天堂株が「ポケモンGO」の大ヒットで株価が急騰しており、「ポケモンGO」との直接的な関係は無いものの、任天堂関連の思惑が広がれば同社株が吹き上げると言う可能性も有ります。業績的にも下値不安は少なく、吹き上げの可能性が有れば、吹き上げれば儲けもの的発想で買うと言う対応も一考だと思います。テクニカル的には170円前後が目先の下値支持帯ですが、180円前後で1回目の買いを実行し、仮に170円前後が有れば買い増しを実行して買いコストを引き下げると言う対応が良いと思います。当面の上値目処は220円~240円のゾーンになりますので、このゾーン内での利食いを狙いたいと思います。可能性は少ないと思いますが、6/24安値148円を切るような事が有ればリスク管理上損切りして一時撤退となります。今期好業績見通し、低PER・PBR、広い意味での任天堂関連銘柄として買ってみたい銘柄です。

【リスクは覚悟でリターンを追及したい方】・本文参照

【リスクの少ない慎重な投資スタンスを望む方】・本文参照

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】吹き上げ狙い
【ポイント】 好業績、割安株
【第1買いポイント】  180円前後
【第2買いポイント】  170円前後
【売り値目標】  220~240円
【損切り設定】 148円を切れば損切り

 

プリント配線板専業の中堅メーカー。リジッド配線板の両面、低多層プリント配線板が主体。検査機販売は競合激化響き低調。が、配線板は国内でアミューズ関連出遅れるも下期持ち直す。中国の自動車向けが強力に牽引、通信機器分野も堅調持続。前期の生産増強で内製化進み原価率改善。営業増益に。前期の過年度税負担消える。

 

推奨日
市場
コード
銘柄
コメント
07/01
1部
7013
IHI
7/14終値301円、カラ売りで推奨、カラ売りコストは300円ですが、想定以上に円安が進み、株式市場ももう一段上値が有りそうな状況。明日はカラ売りポジションを解消し撤退したいと思います。
06/29
1部
6301
小松製作所
7/14終値1977円、カラ売りで推奨、推奨時損切り設定価格の1949円を突破しましたので、ルール厳守で損切り

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2020年4月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
ページ上部へ戻る