出島テクニカルワールド(5月27日推奨銘柄 )

0527週

↑(週足)

 

0527日

↑(日足)

 

 

【全体相場解説と投資判断】
5/27(金)日経平均株価は△62円の16834円で終了。昨日は17000円に接近した後急速に上げ幅を縮めた日経平均でしたが、今日は円安好感の展開で小幅に上昇、16800円台値固めと言う感じの展開です。G7サミットの共同声明もほぼ想定内の結果、消費税の再引き上げ延期、財政出動、日銀の追加緩和など政策期待も引き続き底流に存在する状況に変わりなし。後は6/1の安倍首相会見の結果待ち、日経平均17000円回復はそれからと言う感じ。投資スタンスとしては引き続き指数よりも銘柄重視と言う発想の方がより良い結果に繋がると思います。

【銘柄情報】(JQ)ブロードバンドタワー(3776)  情報通信  100株 
同社は都市型データセンターを運営するIT企業ですが、身の回りのあらゆる物をネットで繋ぐIoT事業にも本格進出、海外ベンチャー企業への投資や人工知能の開発なども手掛け、クラウド事業にも進出、今後は金融とITの融合と言えるフィンテック事業への参入期待も有ります。テクニカル的には2月に123円まで下落して底打ちは完了、その後緩やかに上昇基調が続いた後、先に述べたような材料性を見直す動きから4/26には309円まで株価は急上昇、その後調整入りとなったものの既に直前の急上昇に対する値幅・日柄調整共に完了し、再度上昇に転じる兆しが有ります。25日移動平均線が200日移動平均線とゴールデンクロスを示現するなどテクニカル的には買い有利のチャート形状、時価近辺の210円台でまずは1回目の買いを実行したいと思います。仮に一時的に下振れの動きが有れば190円台で買い増しを狙いたいと思います。当面は260円付近が上値目処になりますので利食い目処は260円接近時、但し多少の行き過ぎを考慮しても180円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。市場人気の高い材料性を豊富に持つ、テクニカル判断買い有利の銘柄となります。

【リスクは覚悟でリターンを追及したい方】・本文参照

【リスクの少ない慎重な投資スタンスを望む方】・本文参照

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】追撃買い
【ポイント】 材料性豊富な新興市場銘柄
【第1買いポイント】  210円台
【第2買いポイント】  190円台
【売り値目標】  260円接近
【損切り設定】 180円を切れば損切り

 

都市型データセンターを運用。子会社でファッション通販支援やファッション企画も展開。ECサイト構築が絶好調。17年6月期もECサイト順調。運営支援はファッションサイト、テレビ通販とも底堅い。15年末の現金・同等物67億円。M&Aで一時的に増えた借入金(同26億円)の返済進める一方、27億円をIoTへ積極投資。原宿に動画配信スタジオを開設。

 

推奨日
市場
コード
銘柄
コメント
05/16
2部
6493
日鍛バルブ
5/27終値370円、推奨時利食い目処とした360円に到達し利食い完了
04/27
ジャスダック
7610
テイツー
5/27終値73円、推奨から1ヶ月経過しましたが引き続き保有継続で吹き上げを待ちたいと思います。利食い目処、損切り設定は推奨時と変わりは有りません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る