リアルタイムサービス(5月26日後場情報)

出島イラスト

日経平均株価は15円高の16772円で終了。今日は昨夜の欧米株上昇を好感して買い先行で始まり日経平均も寄り付き直後には16957円まで上げ幅を拡大。
しかし買い一巡後は為替が円高に振れた事から日経平均も次第に上げ幅を縮小、大引け前には急速に上げ幅を縮めて一時マイナス圏に沈むなど、小幅高で終ったものの、後味の悪い終り方。
一旦は上値の壁となっていた16800円台を抜け、5月SQ値の16845円も突破、この事から短期筋が買いに動いたけれども、下げに転じた事から最後は投げ売りが出たと言う感じです。
テクニカル的な基本で言えば今日はまずは買いで参戦と言う行動は間違いとは言えません、しかし後に続く買いが入らず上値が重かった、徐々に投げ売りが出て大引け前には最後の投売りが出た。
今日の日本市場を簡潔の述べればこのような感じになると思います。
出来高や売買代金に盛り上がりが無く今日も商いは低調、上値を取って行くにはややエネルギー不足です。
更に手掛かり材料が不足している事も追随買いが入らない理由、テクニカルに加えて何らかの支援材料が無いとなかなか持続的な上昇にはなりません。
今日からG7サミットが始まり、6/1には安倍首相が消費税の再引き上げと衆議院解散に関して会見を行います。
当面はこの2つのイベントの結果を待つと言う感じになると思います、17000円台を回復するのもその後と言う感じです。
なかなか方向感が出難く、物色の柱も定まらない日本市場ですが、当面は銘柄重視の発想で下値不安が少なく吹き上げが期待出来るような銘柄に絞って買いを考えて行けばいずれ結果は付いて来ると思います。
焦点ボケで値動きも今一と言う状況ですので、確実に言える事は今は積極的に売買をするような環境では無いと言う事です。
しかし今の日本市場は、上値は重くなかなか上昇出来ないものの、さほど悪い相場状況でも有りません。
売られて下げが続くような状況でもなく、この先イベントが相次ぎますので様子見ムードが強まっていると言うだけ、イベントを一つ一つ通過すれば又動きも出始めます。
先にも述べましたが、目先はG7サミット、6/1の安倍首相の会見、6/2にはオペック総会があり、6月中旬には米FOMC、日銀金融政策決定会合と続きます。
そして6月後半には英国のEU離脱を問う国民投票が有ります。これだけイベントが続けば機関投資家などもなかなか積極的には動けません。
しかしこのような状況だからこそ、材料株物色が強まると言う可能性も有り、銘柄重視の投資が最善と言う事にもなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る