出島テクニカルワールド(5月11日推奨銘柄 )

0511週

↑(週足)

 

0511日

↑(日足)

 

【全体相場解説と投資判断】
5/11(水)日経平均株価は△13円の16579円で終了。米国株高と海外での円安進行を受けて今日も買い先行で始まり一時16814円まで上げ幅を拡大。しかしその後円高に振れ、今週末にSQを控えている事から売り方の防戦売りも強まり次第に株価も上げ幅を縮小。週末のSQを通過するまでは、16500円を挟んでの上下動と言う展開になりそうな感じ。引け後に発表されたトヨタ自動車の決算は、今期大幅な減益見通し、想定為替レートは1ドル105円、明日はトヨタの決算に株式市場がどう反応するか?しかし成長期待のテーマ性を持つ小型材料株に関しては余り影響は無いと思います。引き続き銘柄重視と言う投資スタンスで良いと思います。

【銘柄情報】(東2)アルメディオ(7859)  その他製品  100株 
同社はCD等の規格テスト大手で、作品プレスも手掛け、太陽光パネル関連の断熱材や文書・画像・写真などの情報を長期保存・活用出来るアーカイブ事業など多角化を模索。CD検査装置は車載・家電メーカー向けに手掛け、アーカイブ事業は先々教科書のデジタル化にも応用出来る技術、4/27には2016年3月期の業績を上方修正、同社1株純資産は305円有り、現在の株価には割安感も有ります。テクニカル的にも底値圏から上昇に転じる兆しも出ており、幾つかのテクニカル指標も買いシグナルを示しています。東証2部の割安、教科書のデジタル化にもつながる思惑材料を持つ低位株として買いで臨みたい銘柄となります。当面は140円台が下値支持帯になりますが、まずは時価近辺の158円前後で1回目の買いを実行、仮にその後安値が有れば140円付近で買い増しを狙うと言う対応で臨みたいと思います。当面は200円付近が上値目処になりますので利食い目処は200円接近時、但し2/12安値126円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。同社の月足チャートでは2012年安値、2014年安値、2016年安値と長期トレンドの底入れを暗示する逆三尊型のチャート形状になっています。

【リスクは覚悟でリターンを追及したい方】・本文参照

【リスクの少ない慎重な投資スタンスを望む方】・本文参照

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】追撃買い
【ポイント】 買いシグナルと低PBR
【第1買いポイント】  158円前後
【第2買いポイント】  140円前後
【売り値目標】  200円接近
【損切り設定】 126円を切れば損切り

 

CD等の規格テスト大手、作品プレスも。需要減続き、断熱材、アーカイブ事業など多角化模索。事業撤退等で売上約2・5億円減。好採算のテストメディアがPC市場縮小で数量想定以下。一転営業減益。17年3月期はテストメディアの数量戻り鈍いが別注品販売強化し採算改善。営業益上向く。

 

推奨日
市場
コード
銘柄
コメント
05/02
ジャスダック
4814
ネクストウェア
5/11終値185円、推奨時買いゾーンへの下落無く買えず、買い推奨は一旦取り消し、今後の値動きを見た上で改めて推奨を検討します。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

過去レポート

カレンダー

2021年5月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る