出島先物ワールド(4月28日推奨)

日経先物160428

寄り前情報
昨日の米国市場はダウは続伸、ナスダックは5日続落となりました。FOMCで利上げ見送りが決まるとその直後は一旦急落しましたが、その後ダウはプラス圏に浮上しナスダックはマイナス圏に沈んだままでした。昨日も書きましたがダウとナスダックの動きに差が出ています。今後米国市場がどちらに鞘寄せしていくのかですが、ダウがこのまま過熱状態を続けながらナスダックが鞘寄せしていくというのは相当に無理があると思います。通常であれば一旦ダウが調整する形でナスダックに鞘寄せしていくと思うのですが、今の米国市場は日本市場程ではないですが下げたくないという作用が働いているようです。それがどこまで続くのかは何とも言えませんが、マーケットのエネルギーの流れに逆らった展開はそれ程長くは続かないと思います。昨日の日本市場は孕み足(高値は同値)の陰線を引きました。日本市場だけを見れば次の変化日まで調整と考えて良いのですが、昨日同様CMEの引け値に鞘寄せして始まれば違う展開となります。その場合は次の変化日が戻り高値になる可能性がありますが、その変化日が本日です。
そのような前提で本日は、17430円(昨日の高値)以下で推移し下に方向性を出せば売りで分かり易いのですが、CMEの引け値を考慮すれば17430円を上回る可能性もあります。ただ、本日は変化日ですのでそこが戻り高値になる可能性があります。従って17630円(25日の高値)以下で抑えられれば売りで良いと思います。

ここから先は定期購読ユーザー専用です。 全文をご覧になるためには、下記ボタン(全文を見る)をクリックしてください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る