出島テクニカルワールド(3月4日推奨銘柄 )

0304週

↑(週足)

 

0304日

↑(日足)

 

 

【全体相場解説と投資判断】
3/4(金)日経平均株価は△54円の17014円で終了。朝方は円高が進んだ事も有って前場はマイナス圏での値動きでしたが、その後円安に振れ、日経平均もプラス圏に浮上、小幅高ながら4日続伸で終了。今夜米国では2月雇用統計の発表が有り、5日からは中国全人代が始まります、今週は上昇基調で終った日本市場ですが、来週の展開は米中イベントの結果次第。日経平均に関しては、弱気になる必要は無いものの、まだ強気にもなれないと言うのが正直な気持ち、しかし新興市場銘柄などは強気で見ており、当面は引き続き、銘柄重視の対応で、銘柄によってカラ売りと買いを使い分けて行く様な投資スタンスが良いと思います。

【銘柄情報】(JQ)ミナトHD(6862)  電気機器  1000株
同社は液晶検査装置とデバイスプログラマー、ATM向けタッチパネル等を主業務とし、車載向けROM書き込みサービスやシステム開発も手掛けています。2/23には、最先端の認証技術ライセンスを利用したフィンテック(金融とITの融合)事業を手掛ける子会社を共同出資で手掛けると発表。最新のテクノロジーを活用してパスワードを入力する事無く、スマートフォン認証をネット取引や決済サービスに利用出来るサービスを提供する方針。フィンテック関連の材料は好感される日本市場ですので同社株価も急伸、その後もじり高基調の展開が続いています。適度な調整安が有れば140円前後が下値目処になりますが、好材料が出た後ですので押し目待ちに押し目無しと言う展開も想定されます。現実的最善の買い方としては、2回に分けて150円台でまずは1回目の買い出動(確実に買う為の買い)、そして安値が有った場合には少し安めに130円台で買い増しを狙う(平均買いコストを引き下げる為に少し安値で買いを狙う)と言う対応がベターです。フィンテック関連は市場人気の高い市場テーマですので勢いが付けば大幅高も期待出来ますが、当面は200円付近が上値目処になりますので利食い目処は200円接近時、但し2/24安値115円を切った場合はリスク管理上損切りして撤退となります。

【リスクは覚悟でリターンを追及したい方】・本文参照

【リスクの少ない慎重な投資スタンスを望む方】・見送り

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】押し目買い狙い
【ポイント】 フィンテック関連の低位株
【第1買いポイント】  150円台
【第2買いポイント】  130円台
【売り値目標】  200円接近
【損切り設定】 115円を切れば損切り

 

液晶検査装置とデバイスプログラマー、ATM向けタッチパネルが柱。顧客は大手電機。再建中。システム開発は高稼働に加え単価引き上げが奏功し利益牽引。ROM書き込みサービスは車載向け拡大。中途採用実施による人件費増こなし浮上。17年3月期はデバイスプログラマーが伸長。黒字定着。

 

推奨日
市場
コード
銘柄
コメント
02/23
ジャスダック
6629
テクノホライゾンHD
3/4終値274円、本日高値305円、推奨時利食い目処に到達し利食い完了

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページ上部へ戻る