リアルタイムサービス(12月9日後場情報)

出島イラスト

日経平均株価は191円安の19301円で終了。前場引け情報をお送りする事が出来ず申し訳有りませんでした。近隣工事で地中の電線が誤って断線され、停電になった事で作業が出来なくなりました。皆様には大変ご迷惑をお掛けして誠に申し訳有りませんでした。つきましては、皆様の会員期限を1日延長させて頂きます、会員期限1日延長の作業はこちらの方で全て出来ますので、皆様は何もする必要は有りません、責任を持ってこちらで皆様の会員期限を1日延長させて頂きます。

昨夜の欧米株は原油相場の一段安を嫌気して株価も続落、昨日発表された中国の11月貿易統計で、輸出・輸入共に前年同月比で減少した事も売り材料になると言う展開。週末のメジャーSQを前にして、売り材料豊富な状況から今日も日本市場は売り優勢の展開で下げ幅を拡大。しかし大きく売り込まれているのは主力銘柄が中心で材料株や新興市場銘柄への売り圧力は限定的。週末のメジャーSQに向けては投機的な売買も増えますのである程度の株価下振れも想定内の展開です、仮にもう一段の下振れが有っても、それは一時的で一過性の下げですので過度に心配する必要は有りません。極端に言えば全ては週末のメジャーSQ要因、メジャーSQを通過すれば特殊な売り圧力もなくなります、メジャーSQは金曜日の寄り付きで通過しますので、仮に売り優勢の展開が続いても、あと数日の事です。今日は日経平均19300円付近まで下げて来ましたので、週末のメジャーSQに向けて明日は19250円を巡る攻防になります。今日の下げでこれまで下値支持線として意識されて来た200日移動平均線を下回って来ましたので、当面は下方から上昇中の13週移動平均線が下値支持線として意識されて来ます。その13週移動平均線は現在18900円付近に位置していますので、週末に向けてもう一段の下げが有るようなら一時的には19000円割れと言う場面も有るかもしれません。しかしながら当然買い方の反撃も期待出来ますので、明日は押し戻して19500円付近まで戻す展開も十分に有りえます。週末のメジャーSQを通過するまでは、特殊な需給が優先となりますので、まだ不安定な相場状況になりますが、年末までを視野に入れて少し長めに考えれば、メジャーSQを通過した後は再度個別物色が活発化すると言う状況に戻ると思います。現在保有している銘柄も、保有継続で先々の一段高を待つと言う対応で良いと思います。今は目先ではなく年末まで視野に入れた対応が最善、少し先を見据えれば目先の株価下落も気にする必要は無く、個別重視の対応をしていれば特に問題も有りません。仮に明日も一段安の展開になれば何か買い推奨出来る銘柄も出て来るかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る