1. 出島式投資ワールドの使い方

■出島式投資ワールドへの銘柄への投資
柴田法則の買転換銘柄は日足に近い形(目先の短期上昇)と週足に近い形(上昇がしばらく続く)があります。
これらはその時の全体相場の勢い(需給関係)や位置またはその銘柄の固有の材料ファンダメンタルズによって上昇力が違うことになります。
自分なりの投資尺度によって更に選択して投資されるのがベターだと思います。

■出島式はローリスク・ミドルリターンを目指す
出島式投資ワールドの銘柄でも相対的にリスクの高いものがあります。それは上昇中の押し目買という形です。押し目と思ったものが突然悪材料で下放れということがあります。
できるだけ買ゾーンの下限で買うのがよいでしょう。リスクの少ない銘柄は底値圏、安値圏で転換した銘柄を選んだほうがよいということになります。

■相場で儲ける方法
「全体相場(日経平均・トピックス)が安くなった時に買い、上昇してきたら自分の買った株の上昇を待って利喰い、高値圏では、買いは休止して、カラ売りのできる方はカラ売りを狙うというものです。
そのためには、全体相場を読めなければなりませんが、この観測が私の最も重要な仕事になります。
これが予測できれば大底では何を買ってもよいし、天井では何を売ってもほとんど大成功間違いなしなのです。
年に数回このようなチャンスがあり、こういう時だけ出動して大儲けしている会員の方もいらっしゃいます。
ふつうは数カ月単位の相場の動きを予測して、素早い売買をすることになります」。

■材料・ファンダメンタルズ対柴田法則どっちが有利
万年買推奨の株式市場を考えれば、材料・ファンダメンタルズ中心で売買が行われます。
インターネット投資家も、これらの情報が次々に飛び込んできて、それに右往左往しながら売買し、失敗の繰り返しをされていることでしょう。材料・ファンダ メンタルズが有効なのは、相場が安値圏にある時だといえます。
特に、全体相場が大底圏にある時は業績を無視して売り叩かれていますので、ファンダメンタルズのよいものを買っておくと大きな成果があるでしょう。しか し、上昇後の下げ相場になると、ファンダメンタルズの良さがアタマの中にはいっていて、なかなか損切れず、大変なことになってしまいます。
すでに好業績を織り込んで大商いした株は、いったん大きな下落をしないと立ち直っていかないのですが、そういう株が、好業績だといって下落過程で推奨し続けられます。
天井圏では間違いなく柴田法則による分析が有利です。 柴田法則は、別名天底転換型罫線といわれるもので、底値圏で買いシグナルを出し、天井圏で売りシグナルものを出しますが、天井圏で利用すれば、ほぼ成功し ます。

■売りの重要性
  ほとんどの株で負けている人は、「自分が買ったその時に逆に売っていたら大儲けしているのに」と考え込んでしまうでしょう。
株式投資には、売りと買いしかないわけですから、カラ売りも重要な投資技術です。カラ売りはリスクがあるといいますが、損切り基準さえできれば、買いと全く同じだといえます。
カラ売りができない方でも売りの技術を取得できれは、自分の買っている株をタイミングのよいところで、利喰うことができることになります。

■過去レポートのサンプル
  実際のレポートサンプルはこちらです。下記ボタンをクリックしてご参照ください。

サンプルボタン1

サンプルボタン2

 

 

購読開始をご希望の方は、下記ボタンをクリックして、新規購読申し込みページにお進みください。

 購読開始

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る