リアルタイムサービス(11月18日後場情報)

出島イラスト

日経平均株価は18円高の19649円で終了。パリ北部で銃撃戦、米国発のエールフランス機が爆破予告で目的地を変更して緊急着陸、大きな事件には至っていませんが、再度テロに対する警戒が高まり後場の日本市場は売り優勢に転じて上げ幅を縮小。
テロ関連の報道も有りますが、日銀金融政策決定会合で追加緩和は無いと見る向きの早めの手仕舞い売りも出ているような感じです。
日本市場の現状としては連日の上昇で直近高値も超えて来ていますので再度過熱感も意識されている状況、悪材料が出て来れば目先の利食いを急ぐ投資家も多々いるような状況ですので今日の後場の下げも大半はその様な売り物。
大幅安と言う事ではなく、大きく上昇していたものが上げ幅を縮小したと言う事ですので特に警戒をする必要は有りませんが、目先最大の注目は明日の日銀金融政策決定会合の結果です。
後場の寄り付きで一旦ポジションを解消する銘柄は既に売却済みですのであとは明日の日銀金融政策決定会合の結果を待つのみ。
追加緩和が有れば日本市場も株価は上昇、しかしなければ一旦本格調整の動きになると思います。調整安の展開になった場合の下値目処は日経平均株価19000円付近になりますので、一旦外した銘柄の買い直しを考えるタイミングは日経平均株価19000円付近が一つの目処になります。
逆に追加緩和が有った場合は、今日一旦売却した銘柄を買い戻し、すかさずポジションの復元をはかれば良いと思います。
日銀の結果発表に瞬時に対応は出来ないと言う方は、何もする必要は無く、明日の大引け後のコメントを参考にして翌日以降の売買で問題は無いと思います。
私としては追加緩和は無いと見ていますので、日銀金融政策決定会合が終れば株価は下がる、しかし下げるのは主に日経平均に連動する主力銘柄、材料系の銘柄には大きな影響は無いと考えています。
そして売り物が一巡するのを待ってから一旦外した銘柄を安値で買い直したいと考えています。
大局的に見れば株価上昇基調は変わらず、大きく下げれば押し目買い有利と考えています。
米利上げ濃厚は裏返せば米経済は好調と言う事、欧州では12月にはECBが追加金融緩和をする可能性が高く、日本も景気対策発動に加えて先々追加金融緩和の可能性が大。
中国も既に金融緩和路線に有り、G20で周近平国家主席が7%成長を公言した事で今後景気対策の発動も期待出来ます。
日銀金融政策決定会合で追加緩和が無ければ日本市場は一旦下落するものの、安値は買い有利、売りが一巡すれば上昇に転じると見ています。
明日のお昼のコメント発信は少し遅くなります、外出しなければならない用事が有り、いつもより1時間程度遅くなりますのでご理解下さい。
日銀金融政策決定会合の結果発表がお昼過ぎになりますので、ある意味ではちょうど良いかもしれません、決定会合の結果を確認してからお昼のコメントをお届けする事が出来るかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2020年4月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
ページ上部へ戻る