出島テクニカルワールド(11月18日推奨銘柄 )

1118週

↑(週足)

 

1118日

↑(日足)

 

 

【全体相場解説と投資判断】
11/18(水)日経平均株価は△18円の19649円で終了。昨夜の欧米株上昇を受けて日本市場も買い先行の展開で一時19840円まで上値を伸ばしたものの、後場に入ると、フランス北部で銃撃戦、爆破予告でエールフランス機が緊急着陸など、テロを巡る報道が嫌気されて急速に上げ幅を縮小。加えて明日の日銀金融政策決定会合で追加緩和は無いと見る投資家の早めの手仕舞い売りも出ているような感じ。日銀金融政策決定会合で追加緩和は有るのか?無いのか?有れば一段高、無ければ反落となりますが、売り買いの判断は銘柄次第、引き続き個別重視の発想で対応して行けば良いと思います。

【銘柄情報】
※カラ売り推奨 (東1)トヨタ自動車(7203)  輸送用機器  100株 

トヨタ自動車に対する評価云々ではなく、明日は日銀金融政策決定会合の結果が明らかになります、明日の午後になりますので、追加緩和への期待も若干有る事から明日の前場までは主要な銘柄も堅調に推移すると思いますが、日銀金融政策決定会合の結果は「追加金融緩和無し」となる可能性の方が高いと見ています。追加緩和無しとなれば為替も円高に触れ、株価も失望売りに加えて短期投資の売り仕掛けの動きも出て来ると思います。簡潔に言えば、追加緩和が無ければ円高に加えて失望売りによってトヨタ自動車株も下がる、このような想定の元で明日の前場に同社株のカラ売りを実行したいと思います。本日終値付近の7600円前後でカラ売りを実行、当面は7300円台が下値支持帯になりますので利食い目処は7300円台への下落時、但し追加緩和が有った場合はすかさず損切り実行、価格で言えば10/26高値の7668円を超えた場合は損切りとなります。トヨタ自動車が良い悪いではなく、日銀金融政策決定会合の結果を予測した上での売買になります。

【少々のリスクは覚悟でリターンを追及したい方】・本文参照

【リスクの少ない慎重な投資スタンスを望む方】・暫く休み

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】イベント売り
【ポイント】 追加緩和無しを想定した空売り
【第1売りポイント】  7600円前後
【第2売りポイント】  なし
【利食いポイント】  7300円台
【損切り設定】 7668円を超えれば損切り

 

自動車で世界首位級。国内シェア4割超。環境技術で先行。傘下に日野、ダイハツ。富士重へ出資。総販売台数は微減の1015万台想定。東南アジアが不調だが北米の大型車が好調。諸経費増を原価改善でこなす。円安も寄与。営業益3兆円圏。中国は市場減速や稼働停止あるが持分で影響限定的。

 

 

 

推奨日
市場
コード
銘柄
コメント
11/02
1部
4208
宇部興産
11/18終値253円、待ち伏せ価格への下落無く買えず、買い推奨は一旦取り消します
10/23
ジャスダック
6254
野村マイクロ・サイエンス
11/18終値372円、買いコスト350円台、明日の日銀金融政策決定会合では追加緩和は無い可能性の方が高いと思います。無ければ日本市場全体が一旦下げに転じる可能性が大、同社株も明日の朝一番寄り付きで一旦売却してポジションを解消したいと思います。そして追加緩和無しで株価が下落した所で再度安値で買い戻しの時期を見極めたいと思います。
10/22
1部
4461
第一工業製薬
11/18終値386円、買いコスト370円台、明日の日銀金融政策決定会合では追加緩和は無い可能性の方が高いと思います。無ければ日本市場全体が一旦下げに転じる可能性が大、同社株も明日の朝一番寄り付きで一旦売却してポジションを解消したいと思います。そして追加緩和無しで株価が下落した所で再度安値で買い戻しの時期を見極めたいと思います。
10/21
1部
6768
タムラ製作所
11/18終値379円、買いコスト370円台、明日の日銀金融政策決定会合では追加緩和は無い可能性の方が高いと思います。無ければ日本市場全体が一旦下げに転じる可能性が大、同社株も明日の朝一番寄り付きで一旦売却してポジションを解消したいと思います。そして追加緩和無しで株価が下落した所で再度安値で買い戻しの時期を見極めたいと思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る