リアルタイムサービス(11月13日後場情報)

出島イラスト

日経平均株価は100円安の19596円で終了。前場は下げ幅も一時300円を超えましたが、売り一巡後には押し目買い流入で切り返して100円安まで下げ幅を縮小。
ここ数日続いているように、一時的に売り込まれて下げても、その後押し目買いで切り返すと言う底堅い展開が今日も継続。
安く始まってもその後切り返して陽線で終る、チャート上では今日で7日連続の陽線、株価は8日ぶりの反落ですが、買い意欲の強さを感じる展開が続いています。
日経平均株価は週足ベースで見て今週で4週連続の陽線になります。3連陽と言って、週足で見て3週連続の陽線が出れば先高の暗示となりますが、日経平均は今週で4週連続になりました。
日本市場の現状をテクニカルだけで見た場合、200日移動平均線も上回り、週足ベースで4週連続の陽線、今日の終値もSQ値よりも上で終わり、来週も強含みの展開が期待出来る終わり方です。
米国株は12月の上げ濃厚との見方からやや軟調な展開も想定されますが、裏を返せばそれだけ米経済の状況が良いと言う事でも有り、今は利上げを警戒する動きも有りますがその影響も限定的だと思います。
今は利上げを警戒する動きが強くても、いずれ米経済が良好とに見方が強まり、堅調な展開に転じると思います。そうなると米経済への安心感から一段のドル高/円安になり、日本株にもプラスになります。
簡潔に言えば米利上げ懸念も過度に心配する必要は無いと思います。
来週の注目は月曜日に発表される7-9月期のGDPです、仮にプラス成長になれば18日から始まる日銀金融政策決定会合でも追加緩和も無くなり日本株も一旦売られると思います。
しかし大方の予想では2期連続でマイナス成長になるとの予想が大勢です、仮に2期連続でマイナス成長になった場合には何らかの政策発動をせざるを得ず、既に景気対策の発動は表明されていますが景気対策だけは効果も半減。
そこで日銀も追加緩和に踏み切ると言うのが一つのシナリオになります。景気対策に加えて同時に追加緩和をする、ダブル効果で国内景況感を改善させる、その可能性はおおいに有ると思います。
サプライズが好きな黒田日銀ですので、来週の追加緩和はそこそこの確率で期待出来ると思います。
来年夏の参議院選挙を考えた場合、早めに手を打って、来夏にはそこそこ景況感が良いと言う状況にしておきたいと考えるのが政治家です。
中国リスクも和らぎ、12月にはECBの追加緩和も想定されています、タイミング的には日銀の追加緩和は来週がベスト、仮のそうなれば日経平均も一気に2万円台に乗せて行くと言う展開になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る