リアルタイムサービス(11月10日後場情報)

出島イラスト

日経平均株価は28円高の19671円で終了。昨夜の米国株反落を受けて今日は日本市場も売り先行で始まり一時19457円まで下げ幅を広げたものの、売り一巡後には押し目買いで切り返してプラス圏まで浮上。
一言で言えば予想以上の強さと言う感じですが、政府・与党がゆうちょ銀行とかんぽ生命の預入、契約限度額をいずれも引き上げる方向で調整に入ったとの報道を受けて今後の政策への期待が高まった事も株価切り返しの一因。
しかし今日は日経平均だけが上昇したと言う感じで、トピックスやJPX日経400などは小幅安、東証1部騰落数も値下がり銘柄の方が多く、相場的にはやや偏りの有る展開です。
テクニカル的な過熱感は否定出来ず、一旦は適度な調整が必要な日本市場、しかし今週末にはSQが有りますので、SQに向けての特殊要因が入る事を考えれば過熱感を無視して週末まで突っ走ると言う展開も有るかもしれません。
週末のSQに向けて権利行使価格2万円のオプション売買が増加しており、投機的な動きを強める下地はそこそこ有ります、2万円のオプション売買が増加していると言う事は2万円まで上昇する可能性が有ると言う見方になります。
今日の安値からの切り返しなどを見ていると明らかに買い方優勢です、売り方が防戦から買い戻しを迫られ撤退と言う流れになると今週中に一気に2万円にタッチすると展開も有ると思います。
カラ売りをしていない限りその様な展開になっても何も困ると言う事は有りませんが、仮にその様な展開になった場合にはSQを通過した後にその反動が出て来ますので余り喜ばしい事でも有りません。
理想的にはジリジリとゆっくりと上昇して行くと言う展開がベストで、投機的な動きで一気に上昇すると言うのは派手さが有って良いように見えますが本質的には余り良い事では有りません。
その様な可能性が有ると言う事でそうなるかどうかは断定は出来ませんが、余り過熱感も無く、好業績、割安な銘柄を個別対応で買って行く限り特に心配は要りません。
日本市場の現状としては、テクニカル的な過熱感は有りますが、年末に向けて一段高の展開が期待出来る状況です、短期的な上げ下げの波は当然ありますが、基本スタンスは買い、この先適度な調整安が有った時には順次買い出動を考えて行けば良いと思います。
お昼のコメントでも述べましたが今週は週末にSQを控えて株価も上下に振れやすい状況です、先に2万円に向けた動きが有るかも?と述べましたが、同じ様に海外情勢や日々出て来る材料次第では19000円に近づくと言う可能性も無い訳では有りません。
今週に限っては、上下どちらに振れても良いようなスタンスで臨むほうが賢明です、来週以降少し先を見れば上昇基調は続くと言う事で特に問題は有りませんが、今週は投機的な動きが出て来ますのでその点だけは引き続き注意しながら対応して行かなければなりません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る