出島式投資ワールド(11月6日推奨銘柄)

20151106

(5815)沖電線
四季報2015年秋号によると、産機・ロボット向けケーブルが天井に張り付いたまま。が、第2四半期以降、海外の大型案件剥げる。1月買収のモガミ電線(年収5億円)の寄与帳消し。銅市況安、中国黒字化でも減益。会社数字に戻す。
フレキ基板は計測器・医療機器向けをこまめに開拓へ。電極線に続き、産機用ケーブルの米国・中国輸出に本腰。モガミのブランド力生かし、将来共同開発も。

10月28日決算発表。営業利益は7月29日決算時点よりやや上方修正(5億→7億)
2012年10月12日の110円を底値に11月中旬からのアベノミクス相場にサポートされて中長期トレンド(A)を形成しています。2014年1月10日の229円まではゆるやかな上昇でしたが、5月21日の164円まで下落後は、業績上方修正を受けて反発し6月24日の193円で買転換となったあとは仕手化して暴騰となり、7月15日には472円と1ヶ月弱で約2.9倍化となりました。7月23日の322円まで急落後9月3日の432円まで反発するものの、ここが戻り天井となり10月17日の260円まで下落しました。ここから11月28日の375円まで反発後、三角保ち合い(B)となっていましたが、今年の3月27日に327円で売転換となって下放れし、短期の下降トレンド(C)となって9月29日の201円で当面の底打ちとなり、反発して10月29日に250円で買転換となりました。押し目買い有利の形です。

売買ゾーン 利食いゾーン 損切り
①240~250円台
②220~230円台
①の場合280~300円
②まで下げると250~280円
チャート上は201円を終値で切ると損切り
テクニカルワールドによる全体相場見通し
11/6(金)日経平均株価は△149円の19265円で終了。今日は円安進行を好感して買い先行で始まったものの、今夜に米雇用統計の発表を控えている事から買い一巡後は上値の重い展開になりましたが、後場に入ると黒田日銀総裁や安倍首相の政策関連の発言が伝わり株価も好感買いで一段高になると言う展開。今日は日本郵政G3社の株価も反落して上昇一服になりましたが、その分資金が他の銘柄に回り好循環になったと言う感じ、しかしテクニカル的な過熱感は否定出来ず、適度な調整安はいつ有っても良いようにしながら対応を進めて行かなければなりません。来週も個別重視の発想で下値不安が少なく上昇が狙える銘柄を厳選して押し目買いを狙って行くと言うスタンスが現実的最善の対応だと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る