リアルタイムサービス(11月5日後場情報)

出島イラスト

日経平均株価は189円高の19116円で終了。前場には一時上げ幅を縮めた日経平均株価でしたが、目先の利食い一巡後には上昇に転じて上げ幅を拡大、19100円台を維持して終了。
昨夜の米国株は反落したものの、円安進行と日本郵政G3社の株高効果で今日も日本市場は強含みの展開になりました。
日本郵政G3社の株価が上昇している間は日経平均も強含みが続き、先々日本郵政G3社の株価の上昇が止まった時には日経平均も一旦反落すると言う感じ。
そう言う意味では当面は日本郵政G3社の株価動向を見ながら、日経平均の動向を予測する、その様な投資環境になると思います。
今は日本郵政G3社がある意味では日本市場の指標銘柄と言う位置付けになっており、当面は日本市場の値動きも日本郵政G3社の値動きから判断すると言う感じが良いと思います。
正直なところ、日本郵政G3社の今の勢いがいつまで続くのか?それを読み切る事は出来ませんが、一つだけ言える事は日本郵政G3社の株価上昇が止まって下げに転じれば我先に利食いを急ぐ動きが強まります。
それがいつになるのか?しかし近々その様な局面は必ず訪れます。
日本市場の現状をテクニカル面から見てみると、200日移動平均線が19200円台に位置しており、ここ数日上値を押さえているのもこの200日移動平均線です。
仮にこの200日移動平均線を明確に超えて来れば、市場心理も一段と好転して強気ムードも一段と強まります。
しかし逆になかなか200日移動平均線を超える事が出来ないと、いずれ上値の重さが意識されて一旦下へと言う展開になります。
そう言う意味では200日移動平均線が位置する19200円台を明確に超える事が出来るかどうか?終値で19300円台と言う終り方がこの先あるかどうかが当面の大きなポイントになります。
明日は週末で明日の夜には米国で金融政策への影響が大きい10月雇用統計の発表が有ります。米雇用統計の発表を控えて、これまでの例では一旦様子見ムードが強まり、直近上昇の後だけに一旦利食いが出て来るタイミングでも有ります。
日本郵政G3社の株価動向も影響しますので、一概に言えない部分はありますが、当面は適度な調整安はいつ起きてもおかしくは無い、その様な気持ちを持ちながら対応して行く方が良いと思います。
しかし投資スタンスは押し目買い狙い、この先適度な調整安が有っても買い有利との見方は変わりません。本日買い推奨の三晃金属工業は後場寄り付きで約定、明日以降の値動きを見守りたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

過去レポート

カレンダー

2021年3月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る