出島先物ワールド(4月23日推奨)

日経先物150423

寄り前情報
昨日の米国市場は上昇しました。昨日発表された経済指標、企業業績共に良かった事で買われました。ただ、常々申し上げていますが今は次のステージに向けての踊り場です。日々の上下動に一喜一憂しても仕方がありません。大局を間違えないように見ておきましょう。昨日の日本市場はギャップアップして上昇しました。この動きは次の変化日まで続く可能性があると書いてきましたが、その変化日が本日です。従って本日は一旦高値となるのか、それとも更に次の変化日までエクステンションとなるのかを見るという事になります。
そのような前提で本日は、CMEに鞘寄せして始まると仮定するとギャップアップしてくる事が想定されますが、まずそのギャップアップに飛び乗って買うというトレードは控えた方が良いでしょう。寄り付き後の展開次第ではそこが高値になる可能性があります。買いはギャップアップ後の押し目を見極めて、直近のサポート等で下げ止まって上に方向性を出せば買うという程度で良いと思います。仮に買った場合は、場中の反転等には注意し利食い優先で臨むという事になります。ここからは19840円のサポートを維持できるか否かを見ておけば良いでしょう。
20170円(昨日の高値)を上回れば基本的には売りは出来ません。但し本日は変化日ですので、寄り付き後先に上値を試し中心レンジ上限以下で抑えられて下に方向性を出せば売っても良いと思います。その場合ロスカットの設定は必須です。売りは今日の引けの日足形状と引け値を確認してからでも良いと思います。

基本トレード  リスクトレード 
価格帯 本日の中心レンジ 20000~20400
売買ポイント 売ポイント 20350~20400  ロスカット 20430
買ポイント 20050~20000  ロスカット 19970

大引け情報
本日は20240円とギャップアップして寄り付き、20280円ワンタッチまで上値を伸ばしましたがそこまででした。その後20180円まで売られて横ばいしていましたが、2時過ぎに前場の安値を割り込み20140円まで下落しました。引けは20170円でした。
メディア等では、20000円は達成感もあるものの通過点という見方も多く、昨日の米国市場の上昇もあり買われたという解説が為されていました。確かに前日比で見れば上昇していますので買われたという解説でも良いですが、今日はギャップアップして寄り付きその直後に高値を付けて陰線を引いています。その意味では昨日の米国市場高の影響で寄り付きの位置を変えて二次元的には上昇していますが、日本市場のエネルギーでは上がっていないと言って良いでしょう。本日は変化日ですので、寄り付き後先に上値を試して直近のレジスタンスに抑えられれば陰線を引く可能性が高かったのですが、執拗な買いが入りましたので下値も限定的でした。しかしこれは巷の一般論のように日本市場が強い訳ではありませんし、むしろここで入る買いは日本市場の上昇のためには逆効果です。今後の展開も米国市場次第ですが、日本市場だけを見れば本日が一旦高値になった可能性が高いと思います。その場合次の変化日まで調整となる可能性が高く、下方向のエネルギーを出し切っていませんので要注意です。仮に20000円が通過点だとしても、次の変化日までにサポートを切ればある程度の値幅を伴う調整も有り得ます。特に連休中に過度な期待をして買いポジションを引っ張るという事は控えた方が良いと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る