出島先物ワールド(4月21日推奨)

日経先物150421

寄り前情報
昨日の米国市場は大幅反発でした。中国の利下げや企業決算、或いは欧州市場の上昇等を上昇要因として挙げていますが、常々申し上げているように後講釈の変動要因など何の役にも立ちません。200ドル以上下落したマーケットが翌日200ドル以上上昇した場合、一夜で何かが変わったのかといえば特に何も変わっていません。従って昨日も書きましたように、200ドル上昇してここから上昇していく可能性もあれば、また今夜三桁の下落になるかもしれません。大事な事は米国市場の大局はどうなっているのかです。今回で言えば、200ドル以上の上下動に注目するのではなく、前営業日の下落分を昨日の上昇では埋めていないという点を見ておけば良いでしょう。それ以外は大した意味はありません。昨日の日本市場はギャップダウンして下落しましたが、恣意的な買い等で下げ渋りました。そして昨日の米国市場の上昇です。従って本日は日本市場のマーケットのエネルギーの流れ(次の変化日までは調整方向)と米国市場の上昇との攻防を見るという事になります。
そのような前提で本日も基本的には売りを考えます。まず19740円(昨日の高値)以下で推移し下に方向性を出せば売りで良いでしょう。仮に19740円を抜くようであれば更に一本上のレジスタンスとの攻防を見極めます。
買いは原則見送りで良いと思います。次の変化日を通過するまでは買いは考えなくて良いと思います。

基本トレード  リスクトレード 
価格帯 本日の中心レンジ 19300~19840
売買ポイント 売ポイント 19790~19840  ロスカット 19870
買ポイント なし

大引け情報
本日は19740円で寄り付き19750円ワンタッチで一旦下値を試しました。19700円割れで執拗な買いが入り下げ止まり、その後数百枚単位の買いで上値を伸ばしました。12時過ぎには500枚超の買いが入り19840円を抜き19870円まで上値を伸ばして横ばいし、2時過ぎから再度700枚超の買いを含む大口買いと引けにかけてはショートカバーも交えて一段高となり19970円の高値引けとなりました。
本日は米国市場高の影響で高寄りし、恣意的な買い等で下値を支えレジスタンスを500枚、700枚といった大口買いで抜いてショートカバーを誘い込みました。米国市場同様、メディア等では上昇すれば上昇に寄与する材料を挙げて説明をしますが、その材料が明日の相場にも同様の影響を与えるとは限りません。明日以降も上昇すれば同じ材料で説明できますが、下落すれば別の下落に寄与する材料を探してきて解説するでしょう。それでは結局いつまで経っても明日の事は分かりません。今の米国市場は200ドル下落して続落してもそれでトレンドを出す訳ではなく、翌営業日には200ドル上昇します。しかしそれは200ドルの売り材料が払拭されて200ドルの買い材料が出たからではありません。コンピュータに特化した売買の弊害と言って良いでしょう。従って今後も100ドル、200ドル程度の上下動は一晩で反転するでしょう。日本市場もその米国市場の動向によって翌営業日の寄り付きの位置が変わってきますので、日本市場のエネルギーの流れを否定して動く事も多々あります。ここで大事な事はそれでマーケットのエネルギーの流れ自体が変わる訳ではないという事です。仮に今夜の米国市場が続伸し明日も寄り付きから高くなれば上昇すると思います。その場合2万円台にも乗せるでしょうし、次の変化日まで上値を試す可能性もあります。しかし、今日の展開では下方向のエネルギーを出し切っていませんので、仮に明日以降上昇してもそれで2万円台を固めて上昇していくとは思わない方が良いでしょう。調整未了のままの上昇は上値が重く、次の調整が急角度になる可能性がありますので要注意です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2020年4月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
ページ上部へ戻る