出島式投資ワールド(4月23日推奨銘柄)

(6924)岩崎電気_word

(6924)岩崎電気
四季報2015年春号によると、LEDは工場向け高天井照明が堅調。光応用は不採算事業撤退で好転。生産効率化も進む。16年3月期は投光器をスポーツ照明向け拡販。光応用製品もFPD関連等が堅調。新製品効果で営業増益続く。

2011年の東日本大震災の直後の3月15日に91円まで急落し、ここから急反発となって5月12日の294円まで約2ヶ月で3倍化となりました。ここをピークに下降トレンド(A)を形成し、ほとんど行って来いの調整となって2012年10月11日の102円まで下落しました。このあと11月中旬からのアベノミクス相場にサポートされて2013年1月16日の243円まで急伸し、6月26日の167円まで下げたあと三角保ち合い(B)となりました。この煮詰まったところで2014年1月31日の202円を安値に上放れし、3月7日の273円と戻り高値を更新、10月10日に216円まで押し目を入れて上値を切り下げる直角三角形の保ち合い(C)となりました。この煮詰まったところで3月31日の223円の安値をつけてもみあっているところに4月21日に米ゼネラルエレクトリックと組み、国内でLEDの販売を始めると報じられて急騰し、292円まであって押し目を形成しています。但し、短期売買の場合は222円を終値で切ると損切り。

売買ゾーン 利食いゾーン 損切り
①250円台
②240円台
①②280~290円 終値で207円切れ
テクニカルワールドによる全体相場見通し
4/23(木)日経平均株価は△53円の20187円で終了。寄り付き直後に20252円まで上値を伸ばしたものの、短期的な上昇ピッチの速さや、SQ的に意識される20250円に到達した事で、一旦短期の利食いが出たと言う感じで、3日続伸ながらも上げ幅を縮小して終了。月末の日銀金融政策決定会合に向けて追加金融緩和期待は続きますので基本的な需給は良好、明日以降は出遅れ銘柄や材料株に物色の広がりが出てくるかどうか?全体底上げ的な動きが出て来るかどうかに注目したいと思います。基本スタンスとしては、引き続き出遅れ感、割安感の有る銘柄を中心に買って行くと言う対応がベターと考えます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る