出島式投資ワールド(9月30日推奨銘柄)

20150930

(1833)奥村組
四季報2015年秋号によると、単体受注2000億円(前期2201億円)。手持ち潤沢で施工繁忙。工事進捗し完工増。採算重視の受注姿勢効き建築の利益率が大幅改善。労務費高や資機材費高の工事代金への転嫁進む。営業益増額、会社計画は保守的。連続最高純益。
巨大な堆積岩を極力割らずに取り込み掘削・排土する新シールド工法を開発。台湾・台北地下鉄環状線工事に適用。

2012年11月13日の237円を安値に11月16日の260円で買転換となり、2013年5月10日の474円まで上昇し、その後は、その安値と高値からの上昇幅のトレンド(A)を維持してきています。この中で今年の8月18日の718円の高値をつけたあと、日経平均の急落につれ安し、8月25日の584円まで下げて、ここを安値にもみあい9月25日の597円を2番底にして9月28日に637円で買転換となっています。日経平均の急落に対して押し目浅く、しっかりしており安保法案成立後のアベノミクスの第2ステージへの期待となっています。

売買ゾーン 利食いゾーン 損切り
590~620円 670~700円 8月25日の584円を終値で切るといった損切り
テクニカルワールドによる全体相場見通し
9/30(水)日経平均株価は△457円の17388円で終了。昨日は大きく下げた日本市場でしたが、昨夜の欧州株は小幅安で米国市場ではNYダウが上昇するなど落ち着いた展開で、今日の日本市場にも安心感が広がり買い戻し先行で上げ幅を拡大。中国が自動車に関する減税を発表するなど景気刺激策を打ち出し、9月末のドレッシング買いの動きも有った感じ。短期的にはまだ不安定な相場状況ですが、当面は個別重視の判断で対応して行くと言うスタンスで良いと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2020年11月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
ページ上部へ戻る