週トレ短期売買(9月24日情報)

イラスト

【週トレ短期売買】

 

【今日の相場を振り返って】

9/24(木)日経平均株価は498円安の17571円で終了。連休明けの日本市場は売り先行の展開で大きく下落、連休中の海外市場が総じて軟調な展開になり、日本市場も下落した欧米株に合わせるような展開です。ドイツのフォルクスワーゲンの排ガス不正発覚により連休中にドイツ株が大きく下落し、米国株もフォルクスワーゲンの問題が自動車業界に広がるのではとの懸念から自動車関連中心に売られると言う展開。昨日発表された中国の9月PMIが8月の速報値から一段と悪化し、引き続き中国経済減速への警戒感も高まり、NY原油先物相場の下落も売り材料。明日は9/8安値の17415円を切るのか?切らずに踏ん張るのか?この点がテクニカル的には最大の注目点になりますが、何か好材料が出て来るなどの追い風が無い限りは安値更新の可能性が大。しかし好材料が出て来れば急反発になりますので現状では依然状況次第と言う投機的で不安定な状況に変わりは有りません。

 

【明日の相場展望】

明日は週末で、米中首脳会談も有ります、積極的に売買をするような局面では有りませんが、今夜の海外市場の動向を受けて投機筋が動くかどうか?投機筋が動けば大きな値動きも有り得ますが、上下どちらに振れるかは今夜の海外市場動向と海外で出て来る材料次第になります。

 

【今後1週間程度の相場展望】

テクニカル的には上げ下げの波は有れども日本市場の現状は下降トレンド継続中、動く値幅は大きく、投機的な相場状況も変わらず、当面は上げ下げを繰り返しながら大きな流れは下向き、その様な展開で次の材料を待つと言う感じになります。価格変動レンジは18500円~17000円、但し上下共に一時的な行き過ぎ場面も想定しておく方が賢明。

 

【投資アドバイスと注目銘柄】

依然軟調な展開が続いている日本市場です。現状では流れは下向きですので17000円割れも視野に入れつつ対応するのが賢明、しかし短期的には投機筋次第で不安定な値動きが続きそうですが、少し先を見据えれば行き過ぎた安値は銘柄によっては買い下がりで安値を仕込むと言う対応も一行です。

その場合、短期で利益が乗れば当然利食い実行で良いものの、仮に短期で利食い出来なくとも、年内に利食い出来れば良しと言う感じで少し長めの投資期間も良しとするならリスク度は格段に小さくなると思います。

いずれ反発場面は来るものの、もう暫くは不安定で上下どちらにも行き過ぎた値動きも有ると思います、短期、中期両にらみで対応すると言うスタンスで良しとするならここからの一段安には数回に分けて買い下がると言う対応も一考となります。

 

本日の買い推奨銘柄は以下となります。

 

6773パイオニア(本日終値284円)、自動運転システム関連、仮に下振れが有れば①260円台②240円台買い下がり対応。利食い目処は約定を確認した後にコメント致します。

 

5703日本軽金属HD(本日終値177円)、アルミ合金で最高水準の強度を持つ新素材を開発、今後の展開に期待。仮に下振れが有れば①160円台②150円台買い下がり対応。利食い目処は約定を確認した後にコメント致します。

 

3776ブロードバンドタワー(本日終値179円)、IoT、クラウド、マイナンバー、人工知能関連、仮に下振れが有れば①150円台②130円台買い下がり対応。利食い目処は約定を確認した後にコメント致します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2020年11月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
ページ上部へ戻る