週トレ短期売買(9月17日情報)

イラスト

【週トレ短期売買】

 

【今日の相場を振り返って】

9/17(木)日経平均株価は260円高の18432円で終了。今日は買い先行で始まり、まずは上げ幅を拡大、その後売りに押されて上げ幅を縮小し、後場には再度上昇に転じて3日続伸で終了。後場は中国株が上昇した事も買い材料になりましたが、本質的には日計り筋の売買に加えて、米FOMCの結果発表を控えて買い戻しが続いたと言う展開。今日の日本市場は出来高、売買代金共に少なく、多くの投資家は様子見を続けていると言う状況、その様な状況下で短期投資をする投資家が売買を繰り返していたと言うのが今日の相場の中身です。当然今日限りの売買であり、明日以降に繋がる売買では有りません、明日以降は今夜の米FOMCの結果を受けて株式市場も展開して行きます。買い戻しが続き3日続伸で終った状況を考えると、今夜の米FOMCの結果は利上げ無しと見ている投資家が多いと言うムードですが、その場合は利上げが有れば明日は株価も大きく売られます。利上げ有り、利上げ無し、今回は利上げ無しながら10月に利上げをすると表明するケースも有れば、12月に利上げをすると表明するケースなど、幾つかのパターンが想定されます。そしてどのケースになるかで株価の反応も違ってきますので短期の相場見通しとしては予測をしても当て物的になりますので余り意味は有りません。しかし一つ言える事は米FOMCの結果、明日の日本市場が大きく下げるような展開になれば安値買いを考えて対応して良いと言う事です。

 

【明日の相場展望】

いよいよ今夜に米FOMCの結果が判明します、明日の相場展開もFOMCの結果次第になります、しかし明日は週末で、5連休前と言う事を考えると、売り買いどちらにしても日計りになりやすく、本格的に米FOMCの結果を織り込むのは5連休が終ってからになりそうです。

 

【今後1週間程度の相場展望】

FOMCの結果を18日の1日で織り込むのは難しく、5連休中に米国市場や中国市場がどのような値動きになるかに不透明感もあり、買っても売っても、5連休を持ち越すのはリスク有りと考える投資家が多いと思います。そうなればおのずと18日は日計りの売買になりやすく、更に5連休明けの24日は米中首脳会談前日、今後1週間は非常に読み難い局面となります。

 

 

【投資アドバイスと注目銘柄】

今夜の米FOMCの結果次第で当面の日本市場の値動きも決まります、結果がどうなるかは現時点でも不透明感があり、株価の反応も今一読みきれません。しかし一つだけ言える事は、既に日本株は安値圏に有り、ここから更に大きく売られる展開が有れば、そこは安値買いで動いて良いと言う事です。但し数回に分けて少しずつ買い下がり、利食いまでの期間が少し長引く事も一応視野に入れ、銘柄も分散するならリスクはさほど無い投資になると思います。

 

結果がどうなるかわかりませんが、今夜の米FOMCで利上げが有る、そして明日の株価は大きく下がる、その様な想定での対応が現時点では最も安全、別の結果になれば連休明けに新たな対応で臨めば良い事です。想定が外れても損をする訳では有りません。その様な想定で株価下振れが有れば以下の銘柄の突っ込み買いを狙いたいと思います。

 

6501日立製作所、①600円前後②550円前後買い下がり、利食い目処は約定出来ればあらためてコメント致します。

 

6773パイオニア、①240円台②210円台買い下がり、利食い目処は約定出来ればあらためてコメント致します。

 

6701NEC、①360円台②340円台買い下がり、利食い目処は約定出来ればあらためてコメント致します。

 

すでに推奨済みの6銘柄も引き続き突っ込み買い狙いは継続中です。本日の銘柄と合わせて計9銘柄の突っ込み買い狙いを継続中とお考え下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2020年12月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る