週トレ短期売買(9月15日情報)

イラスト

【週トレ短期売買】

 

【今日の相場を振り返って】

9/15(火)日経平均株価は60円高の18026円で終了。注目の日銀金融政策決定会合は、現状維持で新たな政策発動は無し、若干期待が有った株式市場ですので、現状維持の発表後には先物主導で売り込まれて17995円まで急落。前場には一時18329円まで上昇していた日本市場ですが、今日も投機筋の売買で乱高下の展開。ETF買い入れ額の増額ぐらいは有っても不思議では有りませんでしたが、打つ手を残しておきたかったと言う感じです。

少し先の話ですが、10月は米FOMCが先に有り、その後日銀金融政策決定会合が有ります、順番としては今回と逆になる訳で、日銀としては追加緩和等新たな政策を打ち出すとすれば10月の方がやりやすいと言う心理も働いたと思います。これまで直近の日本市場の値動きを少し振り返ってみると、9/8に日経平均は17415円まで下落したものの、翌日には1300円以上の上げ幅を記録して18770円で高値引け。しかしこの高値引けは直近に売り込んだ投資家の買い戻しが一気に進んだ結果であり持続性は無し、翌日からは再度日本市場は軟調な展開に逆戻り。新たな方向性が出るのは米FOMCの結果判明後と言う感じです。

 

【明日の相場展望】

投機筋以外は米FOMCの結果を待つと言うスタンスになり、明日も積極的に動くのは、日計り短期投資が中心の投機筋、今日は前場に上昇してその後下げに転じた日本市場です、適度に株価を動かして利益を上げると言うのが投機筋の戦術、明日も先に上げればその後下げに転じ、逆に先に下げればその後上昇に転じると言う展開が想定されます。引き続き相場状況は不安定、乱高下含みの状況に変わりは有りません。

 

【今後1週間程度の相場展望】

日銀金融政策決定会合の結果は現状維持となり、次は16・17日に開催される米FOMCの結果待ち。米FOMCの結果が出て来るのは日本時間では18日の午前3時頃になりますので、日本市場が米FOMCの結果を織り込むのは週末の18日になります。しかし18日は日本市場が5連休に入る前の週末ですので、これまでの経験則から言えばポジション解消売りで下げる展開が想定されます、日程的には米FOMCの結果を確認しても動きづらい流れと言えます。

 

【投資アドバイスと注目銘柄】

今週も日々売買がし難い投資環境です、特に日経平均18000円前後の株価水準では尚更です、上下に大きく振れれば1000円以上振れる事も有り得ますので引き続き上下に大きく振れた時だけ逆張りで対応すると言うスタンスが良いと思います。

米FOMCの見通しとしては、今回直ぐの利上げは見送るものの、12月に利上げを実行すると言うように、時期を明示する事になるのではないかと言う予測が増えています。利上げ時期は少し延ばすものの利上げはする、しかし現状株式市場が混乱しているのでそれには配慮すると言う対応になる可能性が高まっています。そうなった時株式市場はどんな反応になるのか?

端的に言えば投機筋が動いて一時的には乱高下のような展開が有るかもしれませんが、米利上げ時期を巡る不透明感がなくなる事で遅かれ早かれ株式市場は好感、上昇に転じると言う可能性が高いと思います。しかし決め付けてしまうには依然不透明感が強く、結果を確認してから対応を考えるのが賢明。週末に向けて先に大きく下げるような動きが出れば買い出動となるものの、もう暫くは状況を見極めながら投資戦術を考えて行くと言うスタンスが良いと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2020年11月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
ページ上部へ戻る