リアルタイムサービス(9月15日後場情報)

出島イラスト

日経平均株価は60円高の18026円で終了。注目の日銀金融政策決定会合は、現状維持で新たな政策発動は無し、若干期待が有った株式市場ですので、現状維持の発表後には先物主導で売り込まれて17995円まで急落。
しかし日銀金融政策決定会合の結果を受けた売りも一時的で売り一巡後には下げ幅を縮小、その後は大引けまで特に動きも無く、膠着した展開で横ばいで終ると言う展開。
日銀金融政策決定会合の結果が出た後の急落を考えると、前場の上昇も多少は何か政策発動が有るのではないかと言う思惑が先行していたと言う感じです。
ETF買い入れ額の増額ぐらいは有っても不思議では有りませんでしたが、明日から米FOMCが始まりますので、米FOMC通過後に万が一波乱の展開になった場合、打つ手を残しておきたかったと言う感じです。
少し先の話ですが、10月は米FOMCが先に有り、その後日銀金融政策決定会合が有ります、順番としては今回と逆になる訳で、日銀としては追加緩和等新たな政策を打ち出すとすれば10月の方がやりやすいと言う心理も働いたと思います。
これまで直近の日本市場の値動きを少し振り返ってみると、9/8に日経平均は17415円まで下落したものの、翌日には1300円以上の上げ幅を記録して18770円で高値引け。
この高値引けは直近に売り込んだ投資家の買い戻しが一気に進んだ事を意味すると言う事を述べましたが、まさに翌日からは再度日本市場は軟調な展開に逆戻り。
しかし9/8安値17415円と9/9高値18770円の間での値動きになっており、このような状況は今後上下どちらに動くのか?次の動きを待つと言う時に出易い値動きです。
上下のポイントになる価格までかなり幅が有りますが、現実の値動きがそうなった以上は致し方有りません、17415円~18770円と言うのが当面想定される値幅であり、先々上下どちらかに抜ければ抜けた方向に株価は走ると言う事になります。
現状でも上下に1300円程度振れる可能性があり、今は1日で日経平均が1000円程度動く事も珍しくは有りません。
その様な相場状況では中途半端な価格での売買は大きなリスクにもなります、安全重視なら値動きが落ち着き、投機的な動きが小さくなってから売買をすするのが理想的。
多少積極的に考えるとしても、行きすぎた安値が有ったら買うと言うスタンスが最善です。
中国懸念から売り込まれ、米利上げ動向の不透明感から更に売り込まれている日本市場です、簡潔に言えば若干行き過ぎた安値圏に有る状態ですので、更に行き過ぎた安値が有った時だけ買うと言うスタンスならリスクの少ない買いになります。
先を見据えればこのまま世界の株式市場が下降トレンドに転じると言う可能性は少なく、有る意味では今が陰の極です、日米欧中共にこの先打ち出せる政策はまだ幾つも有り、先々上昇に転じる可能性の方が高いと思いますので、現在保有中の銘柄はもう少し我慢、更に一段安が有れば先を見据えて買うと言う対応が良いと思います。
流れが変わるキッカケにもなりえる米FOMCの結果が解るまであと数日です、米FOMCを通過すれば一時的な乱高下は有れども相場状況は徐々に改善して行きます。
買い出動に動くのはもう少し状況を見極めてからの方が良いと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る