週トレ短期売買(9月14日情報)

イラスト

【週トレ短期売買】

 

【今日の相場を振り返って】

9/14(月)日経平均株価は298円安の17965円で終了。今日は先週末の米国株高を受けて買い先行で小高く始まったものの、買い一巡後は中国株安と、安倍首相が携帯電話の料金引き下げ検討を指示との報道を受けてソフトバンクなど通信株が売られて日経平均も下げ幅を拡大。通信株の時価総額は大きく、売り込まれれば日経平均を押し下げる効果も大、しかし本質的には米FOMCを控えて様子見ムードが強い中で、再度投機筋の仕掛け売りで下げると言う展開。13日に発表された中国の8月鉱工業生産や1-8月の固定資産投資が共に市場予想を下回り、あらためて中国の景気減速懸念が高まった事も売り材料。中国株が下げ幅を広げ、為替市場でも円高が進行、様子見ムードの強い状況で投機筋が売り仕掛けをすれば株価下落も致し方有りません。米FOMCを通過するまでは日々不安定で投機筋の思惑次第と言う相場展開が続きそうです。したがって投資スタンスも上下に大きく動いた時だけ売買を考えれば良いと思います。上下と言っても流れ的、雰囲気的には一段安含みのですので当面は大きく下げれば突っ込み買いを狙う、大きく下げると言う動きが無ければ何もする必要は無いと思います。この株価水準ではカラ売りをするのはやはり大きなリスクが有ります。仮に好材料でも出て急騰と言う展開になれば瞬時に大きな損失に繋がります。先週のような1300円を超えるような急上昇も有り得ますので、ここからの投資スタンスとしては株価が大きく下げた時に少しずつ買い下がるような対応が最善、又その様な対応の方がリスク少なく利益を得られると思います。

 

【明日の相場展望】

今日から始まった日銀金融政策決定会合で何もなければ弱含みで一段安になりそうな状況、しかし追加金融緩和に前向きな動きや政治家発言などが有れば投機筋もその様な発言に乗る投資をするかもしれません。今の日本市場は日々上下どちらに振れるかは投機筋の思惑と日々出て来る材料次第、不安定な相場状況に変わりは有りません。引き続き相場状況は不安定、乱高下含みの状況に変わりは有りません。

 

【今後1週間程度の相場展望】

今日から日銀金融政策決定会合が始まり、明日には結果が出て来ます、16日からは米FOMCが始まり、結果が出て来るのは17日、日本時間では18日の夜中になりますので、日本市場が米FOMCの結果を織り込むのは週末の18日になります。しかし18日は日本市場が5連休に入る前の週末ですので、これまでの経験則から言えばポジション解消売りで下げる展開が想定されます、日程的には米FOMCの結果を確認しても動きづらい流れと言えます。

 

【投資アドバイスと注目銘柄】

今週も日々売買がし難い投資環境です、特に日経平均18000円前後の株価水準では尚更です、上下に大きく振れれば1000円以上振れる事も有り得ますので引き続き上下に大きく振れた時だけ逆張りで対応すると言うスタンスが良いと思います。

今後の展開としては、米FOMCで利上げ濃厚とのムードが強まれば、結果判明前に株価は先に下落して下げ幅を広げ、結果が出て来た時には悪材料出尽くしになって株価も反発に転じると言う流れが想定されます。

その様な展開になれば今週末に向けて日本株は下落が続き、米FOMCの結果判明後(日本時間では18日)に株価は反発、このような展開が安値買いを狙うスタンスとしては最もやり易いパターンです。現時点ではこのような展開を想定しながら安値買いを狙うと言う投資スタンスが最もリスクの少ない投資になると思います。

 

逆に利上げ無しと言うムードが強まれば株価は先に上昇、しかし一旦先送りをしても年内の利上げは確実ですので一旦上昇した後は下げに転じると思います。このケースになった場合には戻り一巡でカラ売りと言う対応になります。

 

現時点では利上げの可能性が高いと見ていますので、安値買い狙いを想定して対応して行きたいと思います。明日以降日本市場が大きく下げれば、既に推奨済みの銘柄以外に新たな突っ込み買い狙いの買い推奨をしたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2020年11月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
ページ上部へ戻る