週トレ短期売買(9月10日情報)

イラスト

【週トレ短期売買】

 

【今日の相場を振り返って】

9/10(木)日経平均株価は470円安の18299円で終了。昨日は大きく上昇した日本市場でしたが、今日は急反落で一時下げ幅が800円を超えて18000円を下回る場面も有りました。

しかし18000円割れの後は買い戻しの動きが強まり徐々に下げ幅を縮小、470円安まで下げ幅を縮めたものの、14時前には不可解に乱高下を繰り返すなど依然相場状況は不安定。

明日のメジャーSQを目前にして今日も投機筋が先物売買を活発にしていると言う状況で、今日の東証1部売買代金は2兆6000億円程度と現物売買は低調。薄商いの中で先物主導で乱高下、短期筋の売買に翻弄されて長期投資や実需筋の投資家はほぼ様子見、有る程度値動きが落ち着かない事には参加出来ないと言う感じの相場状況です。9/8には17415円で終った日経平均が翌日には18770円まで上昇、そして今日は800円ほど下落して一時は17956円まで下落、正直異常な値動きが続いていると思います。あまりの値動きの大きさに、投げ売り、踏み上げと言う問答無用の手仕舞いも多く、まさにバクチ場と化している株式市場です。長期の投資資金や実需筋の資金が安定的に入って来るようになるまでは不安定な値動きが続きます。ならばいつごろその様な資金が入って来るのか?それば米FOMCの結果を確認した後となります。

 

【明日の相場展望】

特段の材料も無く、連日大きく乱高下をすると言う展開で、正直なところ明日の値動きも投機筋の思惑次第です、激しい値動きを背景に様子見の投資家も多く、売買の厚みが低下している状況下では一段と値動きも激しくなりがちです。明日はメジャーSQ当日です、注目されるのは明日の終値、SQ値よりも上で終れるか?下で終るのか?上下どちらで終るかだ来週の展開も有る程度は見えて来ます。

 

【今後1週間程度の相場展望】

明日でメジャーSQは通過、来週は日銀金融政策決定会合と米FOMCが有りますので、結果を確認するまでは様子見になりやすく、結果が出れば出て来た結果に反応して株価も動くと言う展開になります。しかし依然投機的な動きの中にありますので、日銀金融政策決定会合や米FOMCの結果を予測して、投機筋が仕掛けて来ると言う可能性はおおいに有ります。依然日々の値動きは大きく、引き続き上下共に大きく振れるような展開を想定しておく方が無難だと思います。

 

【投資アドバイスと注目銘柄】

 

昨日は大きく上昇して今日は大きく下落、最終的には下げ幅を縮小したものの依然投機筋に翻弄される展開に変わりは有りません。当面は引き続き上下に行き過ぎた時だけ約定するような感じの待ち伏せ投資が良いと思います、昨日の高値圏で待ち伏せしているカラ売り狙いも明日まで継続、明日も約定しなかった時は一旦取り消しと致します。

どの程度のリスクを許容するかで売買に参加するかどうかも決まりますが、今はかなりのリスクを覚悟しなければならない投資環境です、1日で日経平均が1000円も乱高下するような状況は正直まともとは言えません。やはり異常な値動きであり、もう少し値動きが落ち着くまでは無理をする必要もないと思います。

 

ならばいつごろ値動きは落ち着くのか?それば米FOMCの結果を確認した後となります。

米FOMCは来週の16・17日です、18日が金曜日で翌土曜日からは日本市場は5連休になります、このような日程を考えれば連休明けの24日以降から株式市場も徐々に落ち着き、正常化に向けた動きになると思います。投資スタンスにおいては、18日までの中で行き過ぎた安値が有ればそこは買い場と考えて良いと思います。

 

来週になれば米FOMCも通過して利上げ動向にも決着が付き、中国経済も米中首脳会談が25日になりましたので、それまでには中国政府から何らかの政策発動も期待出来ます。その様な諸々の流れを考えた場合、波乱相場もまだ終わりではないものの、ほぼ終盤に来ていると思います。現時点ではもう一段の下落が有り、最悪の場合は日経平均株価も17000円を切ると言う可能性も有るものの、仮にその様な展開が有ったとしても一時的な事でそこは絶好の安値買いの好機になります。仮にそうならずに好材料が出て来て上昇の兆しが出れば、その時にはその時点で買い出動をすれば良い事です、今はまだ一段安の可能性が有りますので、可能性が有る間は待つと言う対応が最善となります。しかしながら異常な相場状況も終わりが近づきつつ有ると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2020年12月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る