週トレ短期売買(9月4日情報)

イラスト

【週トレ短期売買】

 

【今日の相場を振り返って】

9/4(金)日経平均株価は390円安の17792円で終了。昨夜の欧米株は上昇して本日の日本市場も買い先行で小高く始まったものの買い一巡後は売りに押されてマイナス圏に。後場は開始直後から一段と売り込まれて一時17608円まで下げ幅を拡大、テクニカル的には8/26の直近安値17714円を切り、2番底を形成して反発に転じると言う期待は消滅。直近安値を切った事で、テクニカル的には新たな安値を模索する流れになりますので来週はもう一段の株価下落を想定しながら対応しなければなりません。一時的に反発する局面が有ったとしても、チャート上に何らかの底打ちシグナルが出るまでは上げ下げを繰り返しながらも大きな流れは下向きになります。今夜の米8月雇用統計の結果次第では、週明け急反発の可能性もゼロでは有りませんが、同じように一段安になる可能性も有りますので引き続き相場状況は不安定です。来週末にはメジャーSQも控えており、メジャーSQに向けて投機的な動きも一段と強まります、テクニカル的に下値目処を考えた場合、最悪のケースでは16500円付近が出てきます。

 

【明日の相場展望】

週明け月曜日の展開は、全て今夜の米8月雇用統計の結果次第です。強い内容になれば米利上げムードが高まり株価にはマイナス、弱い内容になれば利上げムードは後退するものの、米経済への懸念が高まると言う可能性もあり、強弱どちらの結果が出ても株価の反応は微妙と言う感じ。市場心理が悲観に傾いており、引き続き投機筋の思惑次第になります。

 

【今後1週間程度の相場展望】

今夜の米8月雇用統計、今夜から始まるG20財務相・中央銀行総裁会議など、イベントから出て来る材料次第で上下どちらにも振れやすい状況。簡潔に言えば依然投機的な相場状況が続いていると言う事です。日々出て来る材料や投機筋の思惑次第で動く相場ですのでテクニカルや理屈は通らず、動く方に付くと言う短期投資が主流。来週末にはメジャーSQも有ります、一段と投機的な売買が増えて来ますので、値動きも激しくなりそうな感じです。安全重視なら博打的相場に参加せず、相場状況が落ち着くまでは休むのが最善と言う状況、しかし仮に来週も大きく下振れして16500円に近づく様な場面が来ればそこは買い出動の局面と考えます。

 

【投資アドバイスと注目銘柄】

とにもかくにも今夜の米8月雇用統計の結果を待つと言う局面、多くの投資家は様子見で売買を見送り、その様な中で投機筋が売り崩していると言うのが今の日本市場の現状。今日も昨夜の欧米株が上昇しても日本株は大きく下落、これまでの上昇が大きい分だけ売っても利食いになりやすいと言う一面も有りますが、値動きの大きさが投機筋の格好の的になっていると言う感じです。しかしながら裏を返せば、売り込んでいるだけに買い戻しの局面を迎えた時には上昇の圧力も大きくなります。日々上下どちらに振れるか解らないような局面では敢えて動く必要は無いと思います、有る程度の戻りが有ればカラ売りでしたが、18000円を割れて今日は終っており、この水準なら来週もう一段大きく下げれば買いを狙うと言うスタンスが良いと思います。来週は、一段安の展開で始まれば、突っ込み買い狙いで対応して行きたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2020年11月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
ページ上部へ戻る