日経225先物プロライブ(9月4日号)

9月4日 日経225先物ナイトセッション 5分足チャート

9月4日 日経225先物ナイトセッション 5分足チャート

昨日の海外株式市場は、ヨーロッパ主要国の株式市場は大幅上昇、
ニューヨーク株式市場は乱高下の末まちまち。

ECBのドラギ総裁による金融緩和延長の可能性を示唆する会見が好感され、
一時は大幅高となりました。

しかしアメリカでは、今夜に雇用統計・そして3連休を控えていることもあり、
主な売買は《ポジション整理》によるものだったようです。

日本のマーケットも、ポジション整理が主な売買であると思われます。
引き続き《売り》が出るのか、それとも《一部買戻し》の動きとなるのか、
蓋を開けてみなければ分からない環境となっています。

昨日同様、商いが細るようですと・・・
日経225先物の投機筋の動きによって
『乱高下を繰り返す』展開になるかもしれません。

本日の予想レンジ 18100円~18500円

ドラギ総裁の発言が、
どの程度日本のマーケットに影響を及ぼすかも、今日の注目点です。

ECBによる金融緩和開始後、
緩和マネーは主に《ヨーロッパ株》と《日本株》に投資されました。

その連想が働くのかどうか、
そしてそれと対極に位置する《FRBによる利上げ》への警戒心とどちらが勝るのか。

今後のトレンドを占う意味で、
今日の世界のマーケットの動きが分岐点になる可能性もあります。

今日は、買戻し優勢なら《18500円》まで、
ポジション圧縮の売り優勢なら《18100円》までと考えています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2020年12月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る