日経225先物プロライブ(9月3日引け号)

9月3日 日経225先物 5分足チャート

9月3日 日経225先物 5分足チャート

本日の株式市場は、昨日と打って変わって、先物・現物共に《薄商い》となりました。
先物市場の出来高は、急落前の今週月曜日と同レベル。

9月3日 日経225先物 日足チャート
今日の上下への振れは・・・
ABNクリアやニューエッジの、
《超短期プレイヤーの売り仕掛け》によるものと思われます。

9月3日 225先物手口

そして、売り仕掛けを可能にする《上値の重さ》の要因となっている
『外国人投資家の売り』は、今日も健在。

9月3日 TOPIX先物手口

《アメリカ勢》の売りが目立ちますが、雇用統計前のヘッジ売りかもしれません。
この動きは、直近の雇用統計前では見られている動きであり、
発表当日《金曜日》に一部買い戻してくるようなこともありました。

今日は、現物株の売買代金も《2兆3000億円台》と
目立った買戻しは見られませんでしたが、
本格的な買戻しが入れば《3兆円》レベルまでは膨らむはずです。

明日、そのような動きになる可能性は十分に考えられますので、
《18200円台》は買いゾーンとして、
まずは《18500円台回復》を目指すことと致します。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2020年11月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
ページ上部へ戻る