リアルタイムサービス(9月3日後場情報)

出島イラスト

日経平均株価は86円高の18182円で終了。今日は昨夜の欧米株の上昇に加えて、波乱相場の元凶で有る中国市場が休みと言う事で、株価も上がり易い下地は有ったものの、一時18481円まで上昇した株価も買い一巡後は戻り売りに押されて上げ幅を縮小。
昨日も今日も18500円に近づくと売り物が出て来て上げ幅を縮めると言う展開になっています、オプション絡みの売買で18500円は権利行使価格の一つですので、来週末に控えるメジャーSQ要因と見て良いと思いますが、それにしてもあく抜け感の出ない相場展開です。
普通なら日経平均が直近の高値から3000円も下げればそれなりに売り一巡感も出て来ますが、現在の日本市場ではその様な売り一巡感は無く、それは言い換えれば底打ち感はまだ無いと言う事になります。
明日も中国市場は休みですので中国株に翻弄されると言う事は有りませんが、明日は米国で9月利上げの有無に直結すると見られている米8月雇用統計の発表が有り、日本市場も様子見ムードが強まる展開になると思います。
しかし投機筋が動けば、様子見ムードが強いと言う事は売買に厚みが有りませんので、投機筋の思惑次第で上下に大きく動くと言う展開になるかもしれません。
様子見ムードが強まり小動きで膠着した展開になるのか?又は投機筋が仕掛けて大きく株価が動くのか?どちらになるかは投機筋の思惑次第ですので注意も必要となります。
しかし今後の投資スタンスを考えた場合、仮に米8月雇用統計が強い内容になって9月利上げムードが強まれば、日本株も大きく下落して直近安値を更新すると思いますが、その様な展開になれば安値買いの好機です。
但し長期投資の買いの好機ではなく、短期リバウンド取りの買いチャンスと言う感じになります。
逆に米8月雇用統計が弱い内容になれば、9月の利上げは見送りとのムードが高まり株価は上昇します、しかしながら依然中国情勢は不安定で不透明、加えて一旦先送りとなってもいずれ米利上げは有ると言う事を考えれば株価上昇が一巡した後にはカラ売りのチャンスが来ます。
考えようによっては、米8月雇用統計の結果によって、株価が上下どちらでも大きく動いてくれれば逆張り投資で利益を得るチャンスになります。どちらも短期投資になりますが、利食い確率の高い投資になると思います。
簡潔に言えば明日も無理に動く必要は無く、様子見対応を続けて、米8月雇用統計を確認し、それを株価が織り込む来週になってから、株価が上下大きく振れれば逆張り投資を狙う。
このような準備をしながら明日は様子見と言う感じで良いと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2020年12月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る