出島式投資ワールド(8月20日推奨銘柄)

20150820

(6395)タダノ
四季報2015年夏号によると、需要頭打ちの高所作業車は横ばい。ただ、稼ぎ頭の建設用クレーンは北米が牽引、大型機中心に伸びる。海外での値上げも徐々に進み、営業増益。会社計画は若干控えめ。為替差益見込まず。増配。
関東圏の部品集積拠点を増強、リードタイム縮め顧客満足度上げる。高所作業車はトンネル工事用など特殊仕様車の品目拡充、国内シェアをもう一段拡大へ。

7月30日決算発表。2016年3月期予想は2015年実績を経常益の▼1.8%を除くとやや下回る程度。
チャートの形でみると、連結最高益ながら目標達成でアタマ打ちとなり当面は調整となって下値確認の動きへ。
2012年11月8日の573円を安値に11月中旬からのアベノミクス相場にサポートされて上昇トレンド(A)を形成しました。この中で2013年7月19日の1594円の高値をつけたあと10月8日の1141円まで下げて三角保ち合い(B)を形成していましたが、2014年の2月4日の1200円を安値にもみあったあと上放れとなり、9月29日には2030円の高値をつけました。ここをピークに買われ過ぎからの調整となって上昇トレンド(A)を下に切り、今年の1月16日には1340円まで下落しました。ここから再度、上昇トレンド(C)となって高値を試す動きとなり、8月5日には7月30日の決算発表を受けて一段高となり2075円と昨年来高値を更新する動きとなりました。しかし、終値ベースでは上昇トレンド(A)が上値抵抗ラインとなって8月12日に1883円で売転換となりました。チャートをみると当面は戻り売りの形ですので、下値を確認したあとのリバウンドを狙うことになります。
今年の1月16日の1340円から8月5日の2075円までの上昇幅の1/2押し(1708円)水準を待ち伏せる。

売買ゾーン 利食いゾーン 損切り
①1700円前後(1/2押し水準)
②1600円前後(2/3押し水準)
①で止まれば1900円前後
②まで下げると1800円前後
現時点ではなし
テクニカルワールドによる全体相場見通し
8/20(木)日経平均株価は▼189円の20033円で終了。昨夜の米国株は下落、7月分のFOMC議事要旨が発表され、9月の利上げ懸念は後退する内容だったものの、年内の利上げは確実視されると言う内容。米国株下落に円高進行が加わり、中国懸念も継続、本日の日本市場は売り先行で始まり前場は122円安、後場は開始直後から先物主導で上昇に転じて一時プラス圏に浮上する場面も有りましたが、買い一巡後は再度下落に転じて前場の安値を下回って終了。投機筋の売買で乱高下し、相場状況は依然不安定、日経平均が2万円を割れればリバウンド狙いの買いも一考と言う感じですが、買い材料が乏しい中では無理に買いで動くのも危険、リバウンドが有れば戻り売りでカラ売りを狙うと言うスタンスがベターと言う感じがします。引き続きリスクを取ると言う方のみ売買に参加するような投資環境です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
ページ上部へ戻る