日経225先物プロライブ(8月19日引け号)

8月19日 日経225先物 3分足チャート

今日の午前中は、前日と同様・・・
※ アジア株式市場の下落を横目に見ての、仕掛け売り
・・・そして、その後『買戻しが入って小動き』という流れでした。

しかし、お昼休みの時間帯の《中国株他、アジア株式市場全般の一段安》が、
日経225先物の《売りのきっかけ》になったようです。

恐らく、後場売り続けたのは・・・
※ 《クレディスイス》

ここ最近の流れと金融マーケットを取り巻く環境から・・・
※ 『下落リスクはあれど、上昇する見込みはない』
・・・という判断からの《手じまい売り》ではないかと思われます。

アジア各国の《通貨・株式市場》が下げ止まりません。

8月という『参加者が少ない時期』であり、
かつ『金融政策の重要な分岐点』を迎えていることもあり・・・

※ 誰も動かなければ何もないが
※ 誰かが動くと、誰も抵抗することなく、一方的な動きになる
・・・ちょっとした《衝撃》に打たれ弱い相場環境となっています。

『参加者が少なくなる』ということは、チャートの節目なども『機能しづらくなる』
・・・ということですので、慎重な取引を心掛けていきたいです。

《20200円台の水準》は、どちらに振れてもおかしくない水準です。
『もう一段の下落』があるのかどうか。
あったとしたら『買い向かう投資家が現れるのかどうか』。
それを見極めることといたします。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
ページ上部へ戻る