出島テクニカルワールド(11月27日推奨銘柄 )

1127s

↑(週足)

 

 

 

 

1127h

↑(日足)

 

 

 

 

 

【全体相場解説と投資判断】
11/27(金)日経平均株価は△107円の26644円で終了。昨夜の米国市場が休場で、手掛かり材料に乏しく週末と言う事もあって、前場にはマイナス圏に沈む場面も有りましたが、感謝祭休暇明けの米国で、クリスマス商戦への期待も有り、下げれ押し目買いが入ると言う好需給は変らず、日経平均は4日続伸で連日でバブル崩壊後の高値を更新する展開になりました。利食い売りを吸収する押し目買い待機資金は豊富、売り買いの回転が利いている相場状況で、適度な上げ下げの波も押し目買い有利のリズムで動いている日本市場です。多少の上げ下げは想定した上で、引き続き銘柄重視の発想で、出遅れ、業績急回復、テーマ性をキーワードに買いを考えて行けば、日経平均の日々の値動きに一喜一憂する必要は無いと思います。

 

 

 
【銘柄情報】【本日終値500円】

(JQ)IMV(7760)  精密機器  100株
同社は、振動試験装置のトップメーカーで受託試験サービスも手掛けています。受託試験は電気自動車(EV)の動力源として欠かせないリチウムイオン電池の充放電の性能確認なども行っておりEV関連株の切り口で注目を集めています。業績面では2020年9月期は減収減益となりましたが、2021年9月期は増収増益に転じる見通しを発表、営業利益見通しを前期比2,9倍の9億9000万円として、同社株価も好感して急伸しています。国内外で製品及び受託試験の引き合いや受注に力強さが戻りつつ有る事に加え、今期は人件費や減価償却費をはじめとする固定費の増加に歯止めがかかる見通しだとの事、加えて市場規模拡大が期待されているロケット開発などでもスタートアップの振動試験受託を支援しており、航空宇宙分野でも同社の存在感が高まっています。業績好調、今期1株利益見通しは40円、本日終値はPER12倍程度の水準で割安感が有り、電気自動車、ロケット開発のテーマ性も有望、適度な調整安を待って押し目買いで対応したいと思います。当面の下値支持帯は470円~440円のゾーンになりますので、まずは470円台で1回目の買いを狙い、仮に440円台が有れば買い増しを実行したいと思います。当面の上値目処は600円付近になりますので利食い目処は600円接近時、但し400円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1買いポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・第2買いポイントでエントリー

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】押し目買い狙い
【ポイント】 EV関連、業績急回復
【第1買いポイント】  470円台
【第2買いポイント】  440円台
【売り値目標】  600円接近
【損切り設定】 400円を切れば損切り

 

振動に関わる試験装置や計測機器のメーカー。環境試験・計測・解析の分野で事業を展開。振動シュミレーションや計測装置を製造し自動車、電気機器、航空宇宙などの顧客に納入。海外売上高比率が30~40%を占める。

 

 

 

 

 

 

推奨日
市場
コード
銘柄
コメント
11/25
ジャスダック
6658
シライ電子工業
11/27終値340円、本日ストップ高で推奨時利食い目処を突破し利食い完了。
10/27
2部
4960
ケミプロ化成
11/27終値217円、保有継続で上昇を待ち、240円を超えれば食い実行、但し190円を切れば損切り実行。
10/26
2部
1443
技研HD
11/27終値285円、保有継続で上昇を待ち、300円を超えれば食い実行、但し240円を切れば損切り実行。

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

過去レポート

カレンダー

2021年5月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る