出島テクニカルワールド(11月18日推奨銘柄 )

1118s

↑(週足)

 

 

 

 

1118h

↑(日足)

 

 

 

 

 

【全体相場解説と投資判断】
11/18(水)日経平均株価は▼286円の25728円で終了。昨夜の米国株が、10月小売り売上高が市場予想を下回った事をキッカケに目先の利食いが強まり反落、一旦行き過ぎた過熱感を調整する動きとなりました。本日の日経平均も米国株安と円高進行を嫌気し利食いが先行する展開で下落、14時半頃には東京都の今日の感染者が493人と過去最高となったとの報道を受けて日経平均も一時下げ幅を広げましたが、売り一巡後は下げ幅を縮小、下げれば押し目買いが入る好需給に大きな変化は有りません。一旦調整局面を迎えそうな日本市場ですが、大局上昇基調に変化無し、全体よりも個を重視、出遅れ割安銘柄を中心に買いを考えて行くと言う投資スタンスなら日経平均の調整安もさほど気にする必要は無いと思います。

 

 

 
【銘柄情報】【本日終値999円】

(東1)大和冷機工業(6459)  機械  100株
同社は、業務用冷凍・冷蔵庫の大手で、薬用冷蔵ショーケースやフリーズ超低温槽などを手掛けています。米ファイザーとモデルナが新型コロナワクチンを開発し、普及拡大には冷蔵、冷凍保管設備が必要との事。世界中で膨大な数の冷蔵、冷凍保管設備が必要な事から、日本市場でも関連銘柄に注目が高まっています。既に過熱感の有る銘柄は買い難いですが、同社株は過熱感も無く、PER19倍程度、PBR0,7倍程度と割安感も有ります。11/11には一時1181円まで上昇した同社株でしたがその後は押し戻されて現在急騰前の水準に有りますが、テクニカル面では200・25日移動平均線がゴールデンクロスを達成、テクニカル判断では上昇トレンド入り初動の局面となりますので押し目買い狙いで対応したいと思います。当面の下値支持帯は980円~940円のゾーンになりますので、まずは980円台で1回目の買いを狙い、940円台が有れば買い増しを実行したいと思います。当面の上値目処は1200円付近になりますので利食い目処は1200円接近時、但し880円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。3月の急落以降は安値圏でのもみ合い相場が続いていましたが、ここに来て3月以降の戻り高値を更新、テクニカル面でも買いシグナルが出現しており、新型コロナワクチン普及関連と言うテーマ性も有望。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1買いポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・第2買いポイントでエントリー

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】吹き上げ狙い
【ポイント】 新型コロナワクチン普及関連
【第1買いポイント】  980円台
【第2買いポイント】  940円台
【売り値目標】  1200円接近
【損切り設定】 880円を切れば損切り

 

業務用冷蔵・冷凍庫の大手。ショーケース、製氷機などの製造販売、店舗厨房用冷熱機器などの販売から点検・修理などのメンテナンスまで一貫して手掛ける。薬用冷蔵ショーケースやフリーズ超低温槽なども手掛けています。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

過去レポート

カレンダー

2021年3月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る