出島テクニカルワールド(11月11日推奨銘柄 )

1111s

↑(週足)

 

 

 

 

1111h

↑(日足)

 

 

 

 

 

【全体相場解説と投資判断】
11/11(水)日経平均株価は△444円の25349円で終了。前日に続いて新型コロナワクチン実用化への期待が継続、加えて米食品医薬品局(FDA)が製薬大手のイーライ・リリーのコロナウイルス抗体薬の緊急使用許可を承認したとの報道も買い材料に。ワクチンと治療薬の開発進展を好感して日経平均も大きく上昇、短期的な過熱感は否めないものの、バブル崩壊後の高値を更新している事から需給面での上値の重さはなく、出遅れた投資家の買い参戦も加わって買いが買いを呼び込むような展開です。この先適度な反動安は想定した上で、出遅れ感の有る銘柄を中心に押し目買い狙いで対応して行くのが現実的最善の対応と言う感じです。

 

 
【銘柄情報】【本日終値458円】

(東1)日本電波工業(6779)  電気機器  100株
同社は、エレクトロニクス製品向けに水晶デバイスを手掛ける綜合メーカーです。水晶デバイスとは、様々なエレクトロニクス製品の中で、周波数の制御と選択、検出をつかさどる物で、世界トップシェアを誇る車載向けを中心に産業機器、移動体通信で利用されています。又、5Gの基地局用途向けとして、高精度OCXO(恒温槽付水晶発振器)を開発し既に販売、超高速・大容量のサービスを実現する為の5Gネットワークでは、マクロ基地局を補完するスモールセル(小型基地局)を多数設置する必要が有り、同社が開発した新製品は、5Gの環境整備を進める上で需要拡大が期待出来ます。昨日大引け後に発表された中間決算では、2021年3月期の黒字転換見通しを発表するなど足元の業績は回復基調、1株利益は61円見通しで現株価水準はPER7倍台と割安。テクニカル面でも25・200日移動平均線が既にゴールデンクロスを達成するなど買いシグナルが出現しています。業績回復基調の5G関連の低PER銘柄として、押し目買い狙いで対応したい銘柄となります。当面の下値支持帯は440円~420円のゾーンになりますので、まずは440円台で1回目の買いを狙い、仮に420円台が有れば買い増しを実行したいと思います。当面の上値目処は540円付近になりますので利食い目処は540円接近時、但し380円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1買いポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・第2買いポイントでエントリー

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】押し目買い狙い
【ポイント】 業績回復、5G関連
【第1買いポイント】  440円台
【第2買いポイント】  420円台
【売り値目標】  540円接近
【損切り設定】 380円を切れば損切り

 

エレクトロニクス製品向けに水晶デバイスを手掛ける綜合メーカー。車載向けは世界トップシェア、産業機械、移動体通信向けに利用される。その他、水晶発振器、必要な周波数の電波だけを選び取るSAWデバイス、光学製品などを製造販売しています。

 

 

 

 

 

 

推奨日
市場
コード
銘柄
コメント
11/05
ジャスダック
6658
シライ電子工業
11/11終値290円、本日高値312円で推奨時利食い目処とした320円接近を達成し利食い完了。
10/12
1部
9972
アルテック
11/11終値309円、推奨から1ヶ月が経過、買いコストは290円台、280円台買い下がり、明日は利食い実行で手堅く利益を確定したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

過去レポート

カレンダー

2021年3月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る