出島テクニカルワールド(10月26日推奨銘柄 )

1026s

↑(週足)

 

 

 

 

1026h

↑(日足)

 

 

 

 

 

【全体相場解説と投資判断】
10/26(月)日経平均株価は▼22円の23494円で終了。先週末の米国市場が高安まちまちとなり、本日の日本市場も方向感なくもみ合いの展開で日経平均は小幅安に。米大統領選挙投票日まであと1週間程度となり、今週から国内主要企業の中間決算発表も本格化します、今週は700社程度の発表が予定されており、投資家心理も決算発表を見極めたいとのムードが強く今日はポジション調整の売買が中心。当面は米国動向と決算発表に一喜一憂する展開になりそうですが、銘柄重視の発想で対応し、安値買いを狙って吹き上げを待つ、そのような投資スタンスなら決算発表本格化も過度に神経質になる必要は無いと思います。

 

 
【銘柄情報】【本日終値292円】

(東2)技研HD(1443)  建設  100株
同社は土木・建築関連分野に展開し、消波根固ブロックの製造・販売や地滑り対策工事で高実績を誇っている事から、防災関連、国土強靭か関連として折に触れて物色される傾向が有ります。又、放射線・電磁波シールド関連事業も手掛けていますので、時に防衛関連銘柄として注目される場面も有り、10/2には、防衛省の「電子戦」専門部隊新設などが材料視されて同社株も一時377円まで上げ幅を拡大しています。その後は短期急騰に対する調整安局面が続いていますが、2021年3月期1株利益見通し49円、1株純資産501円を考えれば現在の株価水準は割安、加えて米大統領選挙が終れば再びミサイル実験をするのでは?との思惑も有り、ここからの一段安に対しては安値仕込を進めて吹き上げを待つと言う対応も一考です。テクニカル的には280円~260円のゾーンが下値支持帯になりますので、まずは280円台で1回目の買いを狙い、仮に260円台が有れば買い増しを実行したいと思います。当面の上値目処は340円付近になりますので利食い目処は340円接近時、但し240円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。今週から日本市場では主要企業の中間決算発表が本格化し、今週は700社程度の決算発表が予定されています。同社に関しては、第1四半期決算が低調でしたので決算発表への期待は高く無く、PER、PBR的には割安、業績よりも材料性重視と言う銘柄ですので、決算発表もさほど気にする必要は無いと思います。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1買いポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・第2買いポイントでエントリー

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】吹き上げ狙い
【ポイント】 国土強靭化・防衛関連
【第1買いポイント】  280円台
【第2買いポイント】  260円台
【売り値目標】  340円接近
【損切り設定】 240円を切れば損切り

 

法面保護、放射線防護工事子会社の技研興業が収益柱。フリージアグループが当社株過半保有。消波ブロック製造用型枠貸与は国土強靭化計画で上向く。土木も前期からの受注残豊富。が、建築は放射線防護、電磁波シールドとも反動減。材料費低位でも営業益反落。税負担平常化し純益は増。

 

 

 

 

 

 

推奨日
市場
コード
銘柄
コメント
09/23
1部
4826
CIJ
10/26終値913円、買いコストは900円台と870円台買い下がり、推奨から1ヶ月が経過しており、明日は利食い実行でポジションを解消したいと思います。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

過去レポート

カレンダー

2021年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る