出島式投資ワールド(8月12日推奨銘柄)

(3945)スーパーバッグ

(3945)スーパーバッグ
四季報2015年夏号によると、百貨店向けなどの紙袋、コンビニ向けなどのレジ袋とも数量微増。レジ袋の原料ポリエチレン高騰が一服しているほか、両製品とも前期の原料高騰を受けた販価転嫁を継続。紙袋の歩留まり改善、レジ袋の不採算取引削減も寄与し営業益浮上。
訪日外国人の需要増見込み、百貨店や家電店向け免税品用透明袋に参入。コンビニ向けレジ用紙袋も引き続き拡販。

7月31日決算発表。通期黒字転換のまま据え置き。
2007年7月20日の230円を戻り高値に、下降トレンド(A)となり、この中で2008年10月10日の111円で底打ちとなり、このあとは大底圏で111~144円までのボックス相場(B)へと移行しました。
このボックス相場の中で2012年5月17日の117円を安値に反発し、11月中旬からのアベノミクス相場にサポートされて、ボックス圏(B)を上放れし、1月20日の211円まで上昇しました。ここから4月10日の147円まで押し目を入れ、上昇トレンド(C)にそって上昇し、今年の6月9日には243円となって2006~2007年にかけての220~230円の戻り高値を突破しました。300円までは真空地帯ですので、いずれここを目指すことになりますが、現状は、6月9日の243円をピークに7月9日の188円まで押し目を入れ、もみあったあと8月8日に218円で買転換となっています。ただし、出来高が伴っていないため上昇が続きません。安いところを待って買い、急騰したら利益確定して再び安いところを待つ戦術となります。訪日外国人需要(インバウンド)がテーマですので息の長い相場になる可能性があります。

売買ゾーン 利食いゾーン 損切り
①190~200円前後
②180円前後
短期で①②ともに220~240円 短期売買の場合は174円を終値で切るといったん損切り
テクニカルワールドによる全体相場見通し
8/12(水)日経平均株価は▼327円の20392円で終了。人民元の切り下げを受けて昨夜の米国株が大きく下落、日本市場も中国経済への懸念が高まり先物主導で一段安に売られて一時20303円まで下げ幅を拡大、大引けにかけて若干戻して終ったものの、週末のSQに向けて投機的な動きも強まっており、短期的には不安定な相場状況です。銘柄によって買いとカラ売りを使い分けて対応すれば特段の問題は無いものの、お盆休み明けの17日にはマイナス成長が予想される国内4-6月期GDPの発表を控えています、引き続きリスク覚悟の方だけが参加する投資環境と言う感じです、安全重視なら相場状況が落ち着くまで新規の売買は見送りで良いと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
ページ上部へ戻る