出島テクニカルワールド(8月13日推奨銘柄 )

0813s

↑(週足)

 

 

 

 

0813h

↑(日足)

 

 

 

 

 

【全体相場解説と投資判断】
8/13(木)日経平均株価は△405円の23249円で終了。新型コロナワクチンの開発期待と実用化期待から昨夜の米国株が大きく上昇、日本市場も米国株高の流れを引き継ぎ大きく上昇。世界的な超金融緩和環境で過剰流動性相場は当面続く事、米大統領選挙が近づき米経済対策が期待出来る事、国内主要企業の四半期決算発表も一巡してあく抜け感が期待出来る事など、都合良く考えれば買い材料になる要因は有るものの、ワクチンも打ってみなければ効果は解らず、米大統領選挙もどちらが勝利しても世界は問題山積。予想外の上昇となっている日経平均ですが、楽観に傾かず、慎重さは維持しつつ、全体よりも個を重視、引き続きそのようなスタンスが最善となる投資環境だと思います。

 

 
<カラ売り推奨>【銘柄情報】【本日終値553円】

(東1)三越伊勢丹HD(3099)  小売業  100株
国内お盆休みの期間に米国株高を受けて予想外に上昇している株式市場ですが、やや楽観に傾き過ぎている感じがします。業績の良し悪しに関係なく上昇する銘柄が目立ちますが、業績低迷が長引きそうな銘柄に関しては戻り売り狙いの対応が最善だと思います。同社は7/29大引け後に四半期決算を発表していますが、大幅な減収減益で赤字転落、新型コロナの完全な収束が期待出来ない現状を考えると業績回復の目処は見えません。又、消費者の消費行動にも大きな変化が出ており、実店舗よりもネット通販が既に消費の主流です、百貨店と言うビジネスモデル自体に行き詰まりも有ります。テクニカル面でも大局下降トレンドは継続中、直近の上昇も買戻しが中心で、もう一段の上昇が有れば空売り狙いで対応したい銘柄です。当面は600円~650円のゾーンが上値抵抗帯になりますので、待ち伏せスタンスで約定すれば儲け物的発想で、まずは600円前後で1回目のカラ売りを狙い、仮に650円前後が有れば売り上がりたいと思います。当面の下値目処は直近安値水準の480円付近になりますので利食い目処は480円接近時、但し700円を超えた場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。今後は徐々に業績ベースの物色が強まると思います、好業績は買われ、業績悪は売られる、ウィズコロナの環境では、これまで以上に物色は2極化して行くのではないかと思います。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1売りポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・第2売りポイントでエントリー

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】待ち伏せ
【ポイント】 業績回復の目処見えず
【第1売りポイント】  600円前後
【第2売りポイント】  650円前後
【利食いポイント】  480円接近
【損切り設定】 700円を超えれば損切り

 

百貨店首位。08年4月の経営統合で誕生。旗艦店の新宿伊勢丹、日本橋三越は全国屈指の売上高。新型コロナ直撃による新宿伊勢丹など主力店の前半休業が痛打。免税売上も急減。徐々に回復し、人件費削減・家賃減額要請・広告費抑制など合理化徹底するが大幅営業減益。

 

 

 

 

 

 

推奨日
市場
コード
銘柄
コメント
08/05
1部
8604
野村HD
8/13終値537円、推奨時待ち伏せ価格への下落無く買えず、買い推奨は一旦取り消し、先々安値が有れば再度推奨を検討します。
08/04
1部
3940
ノムラシステムC
8/13終値455円、推奨時待ち伏せ価格への下落無く買えず、買い推奨は一旦取り消し、先々安値が有れば再度推奨を検討します。
08/03
1部
3941
レンゴー
8/13終値812円、推奨時待ち伏せ価格への下落無く買えず、買い推奨は一旦取り消し、先々安値が有れば再度推奨を検討します。
07/13
ジャスダック
3423
エスイー
8/13終値274円、推奨から1ヶ月が経過、買いコストは270円台、この先280円以上で売却し一旦ポジションを解消したいと思います。

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

過去レポート

カレンダー

2021年6月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る