出島テクニカルワールド(6月29日推奨銘柄 )

0629s

↑(週足)

 

 

 

 

0629h

↑(日足)

 

 

 

 

 

【全体相場解説と投資判断】
6/29(月)日経平均株価は▼517円の21995円で終了。新型コロナの感染拡大とFRBが企業の配当や自社株買いを規制する方針を示した事から先週末の米国株が大きく下落。ドイツと中国でも一部地域で再ロックダウンを実施、本日の日経平均も後場に売りが強まり下げ幅を拡大する展開に。新型コロナの感染第2波への警戒は日々高まっていますが、経済活動の正常化を進めればある程度の感染増加は想定内の事、感染を管理しながら経済正常化を進めると言うのが今の世界標準です。日米欧でワクチンの開発も進んでおり、必要となれば追加の政策発動も期待出来ますので、過度に弱気になる必要は無いと思います。日経平均に関しては当面はボックス相場的な展開になりそうですが、引き続き全体よりも個を重視、銘柄重視の投資スタンスで対応して行くなら特に神経質になる必要も無いと思います。

 

 
【銘柄情報】【本日終値292円】

(MZ)DDS(3782)  通信  100株
5/27にも買い推奨をして既に利食い済みの同社株ですがもう一段の調整安が有れば再度買いを狙いたいと思います。同社は、PC及び携帯電話用の指紋認証システムなど、生体認証テクノロジーを活用した情報技術関連製品を手掛け、画像認識技術やIT向けの独自製品も手掛けています。加えてテレワーク向けに新たな認証システムも発売、小学校向けに国が推し進めているGIGAスクール構想に対応した製品も発売しています。5/8には今期の第1四半期の決算を発表しましたが、2020年12月期見通しは大幅増収増益見通しを発表、新型コロナへの警戒が続く状況の中で、リモートワークや学校教育のリモート化、ネットサービスやネット通販の利用拡大が進むのは確実、同社が手掛けているネットセキュリティー関連製品やサービスへの需要は一段と拡大が期待出来る状況です。
「多要素認証基盤EVE MA」が紀の川市に採用され、「Themisスクールパック」の提供開始を発表、相次ぐセキュリティー関連製品の発表を受けて同社株も6/24には一時368円まで急伸、その後一旦調整安局面を迎えていますが、テクニカル的には押し目買い有利のチャート形状、セキュリティー関連のテーマ性も有望、業績も増収増益見通し、財務内容も無借金経営、ここからの安値に対しては買い下がる対応で臨みたい銘柄となります。当面の下値支持帯は280円~260円のゾーンになりますのでまずは280円台で1回目の買いを狙い、仮に260円台が有れば買い増しを実行したいと思います。当面の上値目処は350円付近になりますので利食い目処は350円接近時、但し220円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1買いポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・第2買いポイントでエントリー

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】押し目買い狙い
【ポイント】 セキュリティー関連
【第1買いポイント】  280円台
【第2買いポイント】  260円台
【売り値目標】  350円接近
【損切り設定】 220円を切れば損切り

 

指紋など生体認証ソフト・装置開発。FIDO(パスワードレス認証標準化技術)の普及推進。前期不発のスマホ向け指紋認証アルゴリズムが納品先で製品化始まり動意。柱の生体認証ソフトもテレワーク用で続伸。前期の貸倒引当金繰入1・2億円なくなり、営業黒字浮上。

 

 

 

 

 

 

推奨日
市場
コード
銘柄
コメント
06/09
2部
7587
PALTEK
6/29終値554円、本日高値610円、推奨時利食い目処とした600円を突破しましたので利食い完了と致します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る