週トレ短期売買(8月7日情報)

イラスト

【週トレ短期売買】

 

【今日の相場を振り返って】

8/7(金)日経平均株価は60円高の20724円で終了。昨夜の米国株安を受けて日本市場も売り先行で始まり一時100円近くまで下落したものの、後場に入ると日銀金融政策決定会合の結果発表と共に先物に買いが入って株価もプラス圏に浮上。ここ数日やや投機的な値動きが続いていた日本市場ですが、今日も値動きとしてはやや雑な展開。前場に売り込んだ投機筋が後場は今夜の米7月雇用統計の発表を控えて素直に買い戻しを進めたと言う感じ。しかし指数は上昇したものの値下がり銘柄数の方が多く、個別銘柄の物色もゲリラ的、今夜の米7月雇用統計の内容を確認するまでは、日計り売買の値幅取りが主と言う物色の柱が無いつまみ食い的な感じの相場状況。

 

【明日の相場展望】

週明けの相場展開は、今夜発表される米7月雇用統計の結果次第、日本市場はテクニカル的には上向きの流れを維持しているものの、今夜の米7月雇用統計の結果次第では一気に弱気転換すると言う可能性は有ります。今夜の米7月雇用統計が円高要因になるのか?円安要因になるのか?米雇用統計そのものよりも、米雇用統計の結果次第で動く円相場が来週の日本市場を決めると言う事になります。

 

【今後1週間程度の相場展望】

今夜の米7月雇用統計、来週末には8月SQも控えており、来週はお盆休みの時期で海外勢も夏休み、市場参加者が減少する事が予測され、市場の厚みがなくなる事で小さな材料でも株価は大きく振れると言う展開も有りえます。閑散に売り無しと言う相場格言も有りますが、その格言が出来た時には先物は無く、今は薄商いを利用して投機筋が先物を使って上下に動かすと言う事も多々有ります。来週は週末にSQも有りますので、先物主導で乱高下と言う展開になる可能性も有ります。まずは20800円台~20400円のゾーンが株価変動レンジ、仮に上下どちらかに抜ければ上は21000円、下は20000円がどれぞれ次の目処になります。

 

【投資アドバイスと注目銘柄】

今日はまず売り先行で日経平均は下落、一時100円ほど下げましたが後場には一転上昇に転じて60円高で終了。ミニ乱高下と言う動きですが、来週に繋がると言う売買ではなく、あくまでも今日だけの日計り売買ですので今日の上げ下げに特段の意味は有りません。

今夜の米7月雇用統計発表を控えて先を見据えた売買は出来ませんので、今日までは日計り売買が中心になると言う事も致し方有りません。

 

今夜の米雇用統計の結果を受けて来週は円相場が動きます、円相場が動けば株価も動き、円高株安、円安株高、これが基本的なパターン。来週が少し注意が必要なのは先にも述べたように週末にSQが控え、お盆休みで売買が減少すると言う事、その結果先物で仕掛け的な動きが出れば株価は上下どちらにも大きく振れる可能性が有ります。しかしその様な振れが有ったとしてもそれは一時的な事ですので下げれば買いを考え、上がればカラ売りを考えると言う対応で良いと思います。

 

来週に関して言えば日々上がるのか?下がるのか?を考えるのではなく、株価の動きを待って逆張りと言う対応が良いと思います。その様な考えをベースに来週は売買を考えて行きたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
ページ上部へ戻る