リアルタイムサービス(4月16日後場情報)

新リアルイラスト

日経平均株価は259円安の19290円で終了。昨夜の米国株下落の流れを引き続き、今日の日経平均も下落して続落の展開に。

昨夜米国で発表された経済指標は軒並み悪化し、米株式市場もあらためて先行きへの警戒が強まる展開になりましたが、既に経済指標の悪化は想定内の事です、過去よりも先を見据えて動くのが株式市場でも有ります。

今夜トランプ大統領が、米経済の正常化に向けての計画を発表する予定です、比較的感染者が少ない州から順次経済活動を正常化するようで、ドイツでも来週から順次制限が解除されるようです。

経済活動を再開しなければ正常な国家を維持出来ないと言う一面も有りますが、ワクチンや治療薬、又はコロナ患者への対処法に関して有る程度道筋が付いたと言う判断が有ると思います。

一定の感染者や死亡者は今後も出ますが、ある程度状況を管理しつつ経済も動かす、それを基本方針にしながら新型コロナの撲滅には長期戦で対応する、そのような判断だと思います。

当然賛否両論出て来ると思いますが、有る意味ではそれが現実的最善の対応かもしれません。

今後の新型コロナの感染状況次第で、規制を強化したり緩めたり、臨機応変柔軟に対応しながら長期に渡って新型コロナと対峙して行く、そのような状況になるのではないかと思います。

日経平均は昨日今日と下落して続落となりましたが、再度悲観が強まっている訳では有りません。

ざっくりと言えば19000円付近の値固めを進めていると言う状況であり、日々上下どちらに振れるかは日々出て来る材料次第です。

既にパニック的な売りは一巡しており、個々の銘柄を個別に評価する動きや、先を見据えた安値拾いの投資も出始めており、世界の主要国が経済活動の再開に向けて動き始めている事を考えれば下よりも上を見て対応して行く状況だと思います。

今日は保有銘柄のDDSの利食いを実行出来ましたが、明日以降は4651サニックスが330円接近が利食い目処です、本日終値は312円ですので早ければ明日にでも利食い目処に到達する可能性が有ります。

又、昨年から保有している4406新日本理化も本日一時207円まで上昇、終値は190円でしたが、明日以降上昇して210円を超える場面が有れば売却してポジションを解消したいと思います。

保有銘柄を順次利食い出来て、その後新たな銘柄の買い推奨が出来れば理想的です。保有銘柄に関しては引き続き一段の上昇を期待しながら、同時にチャンスが有れば新規の買い出動も考えて行きたいと思います。

明日以降も当面は全体よりも個を重視と言う発想で対応して行けば良いと思います。日経平均が上下どちらに振れようとも気にせず、個々の銘柄重視で判断する、今の日本市場においてはそれが最善の投資スタンスとの考えに変わりは有りません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る