出世株発掘ドリーム・レポート(2020年2月25日推奨 )

新イラスト

日経平均株価2/25終値22,605

日経平均0225

 

 

【株式市場の現状分析と当面の投資スタンス】

 

昨夜の米国市場が、新型肺炎の世界的な感染拡大を背景に警戒売りが強まりNYダウ、ナスダック指数共に大きく下落。中国では新たな感染者数の増加は減少基調に有るものの、日本、韓国、イタリア、イランなど、世界的には感染者数は増加基調に有り、さすがの米国市場も昨夜はこれまでの反動が一気に出たと言う感じの展開に。 これまでは中国の問題として米経済には悪影響は限定的との楽観ムードが有った米国市場ですが、さすがにここまで世界中に感染が拡大すると米国経済への悪影響も警戒され始めました。仮に中国の状況が改善したとしても、日本や韓国、欧州など世界的に感染拡大が続けば更に大規模なサプライチェーンの寸断が予想され、何よりも米国内での感染拡大となればGDPの大半を個人消費が占める米経済への悪影響は甚大です。 新型肺炎に関してはこれまで楽観ムードが強かった米国市場ですが、新型肺炎の感染拡大に対する米国市場の警戒もここに来てやっとピントが合い始めたと言う感じがします。 昨夜の米国市場もこれまでの楽観を一気に修正する動きで急落となりましたが、現実の状況と株式市場の違和感が解消された事は見方を変えれば安心感に繋がる一面も有ります。新型肺炎の感染拡大で世界経済の状況が悪化しているのに、米株式市場が上昇基調を維持していればいずれ大きな反動安は避けられません。ざっくりと言えば現実と米株式市場のおかしなギャップが広がるよりも、早めに修正される方が先々状況が改善に向かい始めた時、株式市場も素直に反発に転じる事が出来ます。昨夜の米国株の急落も、現実とのギャップを解消したと言う意味ではさほど悲観する事は無いと思います。

 

3連休明けとなる本日の日本市場も当然の事ながら売り先行で始まり大きく下落。しかし寄り付き直後には日経平均も1000円以上下げていましたが、売り一巡後は買い戻しが入り下げ幅を縮小。但し下げ幅縮小も日銀のETF買いが主原因だと思いますので現時点では楽観は出来ません。

 

新型肺炎への警戒が一段と強まる状況ですが、しかしながら一方では、新型肺炎の検査キットの開発は進んでおり、治療薬に関しても効果が有りそうな薬が幾つか存在しています、又、世界的に感染が拡大している事から治療薬に関しても世界同時進行で研究が進められています。更には世界経済への悪影響が大きくなれば世界的な協調の動きが強まり、各国で政策発動が打ち出される事は間違い有りません。今は悲観が強まっている状況ですが、先を見据えれば新型肺炎の終息と大規模な政策発動が控えており、それを考えると必要以上には売り込み難い、そのような投資家心理が有るのも事実です。 今週に限れば、もう一段の下落は想定して対応する必要が有りますが、これまでにも述べて来たように、銘柄重視の個別対応であれば弱気にならず株価急落は安値買いのチャンスと考えて対応して良いと思います。行き過ぎた悲観ムードで、投資家がパニック売りを強めるような局面では、先々後から振り返って見ると、「あそこは安値買いのチャンスだった」と言うケースが大半です。まさに今の株式市場はそのような状況に近づきつつある様に思います。

 

 

 

本日の買い推奨銘柄

2 建設 1443技研HD 2/25終値354

 

買いゾーン①330台②310台③290台 

利食い目処500円前後 損切り250円割れ

 

 

昨年3月に買い推奨をして昨年の11月に利食い目処に到達して既に利食い完了の同社株ですが、新型肺炎の感染拡大を背景に株式市場が急落、同社株も好業績にもかかわらず全体に連れ安している現状は再度安値買いのチャンスだと思います。同社は道路法面保護と放射線防護工事が主力、電磁波シールド工事、法面保護共に好調、自然災害復旧工事や社会資本整備事業など、公共事業豊富な事業環境も追い風となり2/14に発表した2020年3月期の第3四半期決算は大幅な増収増益で着地。通期見通しは据え置いたものの営業利益、経常利益は既に通期見通しを上回っており、2020年3月期業績の上方修正は濃厚、2021年3月期も豊富な公共事業を背景に一段と収益が拡大する見通しで、新型肺炎への懸念から連れ安している現状は安値買い狙いで臨みたい銘柄となります。公共事業などを手掛ける建設業には新型肺炎による悪影響も限定的、集団感染リスクや工事停止などのリスクは少なく、中国経済の悪影響も有りません。新型肺炎による景気減速も確実で、新たな公共事業の追加も期待出来る環境は同社株にも追い風になります。

 

1443技研HD  月足チャート

技研HD月足MS

 

 

 

 

 

 

【現在保有中の銘柄に関するアフターフォロー・コメント】

 

2321ソフトフロント、2/25高値191円で推奨時利食い目処とした200円接近を達成し利食い完了。

 

4531有機合成薬品工業、2/21高値498円で推奨時利食い目処とした500円接近を達成し利食い完了。

 

  • 何もコメントが無ければ保有している銘柄は現状維持(保有継続)の方針とお考え下さい。

 

※次回の提供日は3/5(木)です。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る