出島テクニカルワールド(12月6日推奨銘柄 )

1206s

↑(週足)

 

 

 

1206h

↑(日足)

 

 

 

 

【全体相場解説と投資判断】
12/6(金)日経平均株価は△54円の23354円で終了。昨夜の米国市場は米中協議を見守りたいとのムードが強く膠着した展開でしたがNYダウ、ナスダック指数共に小幅に上昇。本日の日本市場も膠着相場ながら小幅高で終わり、景気対策の発動も株価下支え要因になりました。今夜は米国で11月雇用統計の発表を控え、来週は12日に英国の総選挙が有り、15日は対中制裁関税第4弾の発動期限です。最大の注目は15日までに米中部分合意が実現するかどうか?来週も引き続き日々出て来る報道を受けて一喜一憂する展開に案理想です。しかしながら日経平均は米中情勢に一喜一憂する展開が続きますが、中小型材料株やテーマ株の値動きは堅調、引き続き全体よりも個を重視、銘柄重視で対応して行く投資スタンスなら特に神経質になる必要はないと思います。

 
【銘柄情報】【本日終値275円】

(東1)OSJB HD(5912)  建設  100株
同社は橋梁の総合建設会社で傘下に日本橋梁とPC建設のオリエンタル白石を擁し、ケーソンでは国内シェアの70%程度を占めています。政府の景気対策発動で、国内インフラの整備や防災、減災、治水対策の強化も盛り込まれ、老朽化の激しい橋梁が国内には多く有る事や同社は治水工事関連事業も手掛けていますので、公共事業関連としてもう一段の上昇が期待出来ると思います。今期業績は減益見通しですが、今期業績の悪化は8月に209円まで下落した事で既に株価には織り込み済み、来期は増益に転じる見通しで、加えて景気対策の恩恵も期待出来ますので、直近では今期業績の回復を先取りするように同社株価も上昇基調に転じています。テクニカル面でも既に200日移動平均線を上回っており、テクニカル的には既に上昇トレンドに転換済み、もう一段の上昇を狙って押し目買いで対応したいと思います。当面の下値支持帯は260円~250円のゾーンになりますのでまずは260円台で1回目の買いを狙い、仮に250円接近が有れば買い増しを実行したいと思います。当面の上値目処は310円付近になりますので利食い目処は310円接近時、但し230円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1買いポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・第2買いポイントでエントリー

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】押し目買い狙い
【ポイント】 橋梁、治水関連銘柄
【第1買いポイント】  260円台
【第2買いポイント】  250円台
【売り値目標】  310円接近
【損切り設定】 230円を切れば損切り

 

橋梁の総合建設。傘下に日本橋梁とPC建設のオリエンタル白石。ケーソンでシェア7割。大型案件中心に手持ち工事高水準。受注は橋梁、ケーソンとも採算重視。工場売却特益。鋼橋の床版の新設・更新工事向けに炭素繊維複合材ケーブルを使用したプレキャストPC床版を開発、受注拡大狙う。治水工事の増加に対応して施工能力拡充。

 

 

 

 

 

推奨日
市場
コード
銘柄
コメント
11/22
1部
1893
五洋建設
12/6終値686円、推奨時利食い目処とした680円に到達し利食い完了
11/08
ジャスダック
3423
エスイー
12/6終値357円、推奨時利食い目処とした360円接近を達成し利食い完了
11/06
1部
4531
有機合成薬品工業
12/6終値300円、推奨から1ヶ月が経過、買値は上回っていますので週明けは利食い優先で一旦ポジションを解消したいと思います。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2020年8月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る